妊娠・出産・育児の情報サイト


2人の戦い

第一子妊娠中、臨月のある晩に「家で焼肉をしよーっ」と夕方旦那と買い物に出かけた時、チクリとお腹が痛かった。

継続的じゃないしすぐ治ったし、気にしないで晩ご飯食べてゆっくりしてたら21時過ぎに 何やら便意!!とトイレに行って帰ってきてもまた便意!!

それの繰り返しで、もーお腹なんにもない…のに便意…。トイレ行って出ての繰り返しもしんどくなってケータイを持ってトイレにこもる。

ヒマやし、痛いし、実母に電話。

母が「それ陣痛ちゃうか!?きばりなや!トイレから出ーー!」と言われ

え!!これ陣痛やったん!?と慌ててトイレから出たのが0時過ぎ。

 

時間を測ってみると30分間隔。病院に電話すると10分間隔で来てください と言われ、時計見ながら便通みたいなものと戦い。

やっと10分間隔! 旦那も会社に連絡したり病院に行く用意して4時過ぎ病院着いたけど、車から病院までの距離もツライ。

助産師さんが旦那に「今日産まれるかわからないけど、痛がってるから入院しましょう」

と言ったらしく入院。すぐ病室に案内されて、旦那が入院バッグを忘れてて取りに帰ってる時に、すぐ5分間隔!

 

スグに陣痛室に移動して、1人…陣痛を神秘的な痛みやと想像してたのが、全く違ってて

過去最高の便通…出したいのにトイレに行けない。トイレに行けないので激痛に耐えるしかない。

汗かいてるのに、震えるほど寒い。

息も絶え絶え…痛くてさすってほしいけど、誰もいない…。

当たり前なこと、助産師さんもずっと側にはいてくれないので、ホント、これはお腹の子と自分だけの戦いやと思った。

 

と、突然カラダの中から骨盤あたりにポコンと落ちた様な感覚があって、助産師さんを呼ぶと、子宮口が開いたみたいでやっと分娩台に上がれた!

ここからはもう天国!

いきむのもしんどいけど、いきんでいい事がどれだけ幸せか感じ、7時過ぎぐらいに分娩台に上がって8時55分3314gの男の子誕生☆

 

すこし胸に抱かしてもらって、測定。もっと抱きたい、近くにきてほしい、あーーすごい愛しいって感情がすごかって、その時涙が出た。測定が終わるとすぐ抱かしてもらえて、赤ちゃんが近くにきたら、私自身落ち着いたのか分娩台ですごい眠気が襲ってきた…。

赤ちゃん落とすと危ないからと助産師さんにまた引き取られ、私は爆睡。

 

母親から、産まれたら痛さなんて全部飛ぶ!と聞いていたが、全く飛ぶとこはなく

縫われてるときも痛い。後陣痛ていうのも、スピード出産だったらしく、これがまた痛い。

産まれた時の涙と違う痛さの涙。

 

旦那は荷物に置いてスグ帰ってて仕事に行ってたけど、早退して息子とご対面☆

病室で私の前泣かなかったけど、新生児室で見た時に泣いてしまったらしい。

産むツラさを見てなく体験もしてないのに、泣けるって、男の人は感受性が高い人が多いんかな?と思ってしまった。

著者:y3776

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。