妊娠・出産・育児の情報サイト


破水から20時間、産道開かず緊急帝王切開!?怖さと痛さで号泣

予定日の次の日に変わったばかりの時間に破水し、即病院へ。

午前5時くらいから陣痛が始まり、痛い痛いと泣きながら我慢。

子宮口の開きが悪く、まだ全然開いてない、と内診の度に言われ、心配になってにていました。

 

お昼が過ぎ、17時ごろ、子宮口6センチまで開き、痛みもどんどん強くなってきていました。

お医者さんが『18時にまた見てまだ開かなかったら考えよう』と。

私は陣痛の痛さで意識が朦朧として考えるということがどういうことがわからず、はい、はい、とひたすら生返事。

 

18時の内診では、子宮口8センチまで開いたけれど産道が全く開いてない、とのこと。

このまま待っていても、産道が開かなければ赤子は出てこないし、感染のリスクも上がってしまうので緊急で帝王切開をしますと言われ、『お腹を切る』ということは全く考えてなかった私は号泣してしまいました。

でも、それで無事に生まれてきてくれるなら。と合意。

私家族、夫家族、みんな揃った中で話を聞き、『20時から手術を開始します』と言われ。もう、怖くて怖くて、ずっと泣いていました。

 

毛剃り、点滴、いろいろ終え、手術開始。

それから10分ほどで産声を上げる我が子。

もう、嬉しくてまた号泣。

顔を見せてもらって天使としか思えなくて。

何年か前にお腹の子がお空に帰ってしまったのもあって、生まれ変わってきてくれたんだな、と。

 

あれからもう2ヶ月半経ちましたが、悪露も終わり、傷も綺麗に治ってきて。

これからもこの子を守っていこうって思います。

著者:たぴおか

6.9に女児出産。初めての子であたふたしながらも育児してます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。