妊娠・出産・育児の情報サイト


助産師さんの一言に落ち込んだ結果…

うまれた時から小さめだった我が子。

入院中から体重がなかなか増えず産後3日目で混合になりました。

乳腺炎にもなり、痛いし熱は出るしこどもには申し訳ないし落ち込みました。

それに輪をかけて助産師さんに言われたのが、赤ちゃんは吸うの上手なのにねー体重増えないねーの一言…

悔しいし悲しいし、ムカつくし本当に辛かった

だけど、退院しても母乳外来に通い、おっぱいを飲みながらすぐ寝てしまうこどもをママと頑張ろうね、いっぱい飲んで大きくなろうねと声をかけながら起こし母乳外来で言われた通りに片方15分ずつの授乳をこまめに夜中も寝ぼけながら続けていくうちに体重も増えミルクも必要なくなりました。そして迎えた1ヶ月健診。なんの因果かその助産師さんがこどもを待合室に迎えに…

出た言葉が、あらぁー大きくなったねー!重くなったね!でした。

そしてミルクはどのぐらい飲ませてる?と聞かれた時に、飲ませてないです、母乳だけです!と答えた時のその助産師さんのびっくりした顔忘れられません。

見返す為に頑張ったわけではないけど、スッキリしました。その後も色々あったけど生後7ヶ月の現在もミルクは必要なく育ってます。

 

著者:ゆづさんママ

ぎりぎりアラサーで初産、老化の進む体にムチうって子育て頑張ってます

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。