妊娠・出産・育児の情報サイト


完母で育てたい 私のおっぱいと赤ちゃん

初めての出産でしたが、子育てに対して不安はありませんでした。神経質にならずに気楽に行こうと思っていたし、それが私なら出来ると思っていたからです。性格もそんなに神経質ではないですし、お友達の子育ての体験談なども聞き、教科書通り行かなくても大丈夫だし、赤ちゃんもそれぞれ違うからと思っていました。

 

逆子がなおらず帝王切開で出産しました。

15分程で赤ちゃんとご対面。元気な男の子でした。術後は麻酔で動く事が出来ないのでその日は私の横に赤ちゃんを寝かせてもらいました。夜は新生児室に預かってもらえます。少しづつ母親になった実感が湧いてきました。

 

2日目はお昼から母乳の練習。まだおっぱいはそんなに出ないし赤ちゃんも大変そうでした。

3日目もお昼から母乳の練習!まだまだおっぱいが出ていないのか、赤ちゃんが飲めないのか…『母乳ってこんなに大変なの…』正直くじけそうになりました…。

麻酔の後遺症で頭は痛いしお腹は痛いし辛いし…でも、薬よりもなによりも横で寝ている息子の顔を見ると痛みを忘れることが出来ました。

 

4日目の朝方、おっぱいがはって痛くて目が覚めました。痛くて熱くなったおっぱいから母乳が出ていてパジャマが濡れていました。搾乳してみたけど、全然上手く出来ない。おっぱいは痛いし、前かがみで下を向いていたのでお腹も痛く、かなり辛い。1時間かけて搾乳して、やっと10cc…。

『こんなに辛いなら母乳にこだわるのは辞めようかな…』と思いました。

 

やっと母乳が出るようになったけど、上手くくわえさせる事が出来ずに授乳に1時間くらいかかる。この頃の私にとって授乳の時間は『3時間おきの辛い時間…』。

なんとかくわえさせる事が出来ると飲んでくれるけれど、時間がかかりすぎるせいか途中で寝てしまうので、量が全然飲めてないみたいでした。

体重は増えるどころか減っていくだけでした。母親としてダメなんじゃないかと思えきたし、辛かったです。

今日の夜から母子同室です。楽しみと少し不安がありました。

 

5日目の朝方。授乳の時間が来ました。オムツを替えて、体重測定をして授乳。授乳が終わると体重測定をしてどれだけ飲めてるか計算…。初めて10グラム以上飲めてる!

なんと14グラム!ちょうど看護師さんが病室に来てくれた時で、嬉しくて話をしました。『お母さん頑張りましたね~辛かったですね~大丈夫ですよ~』優しい言葉をかけてくれました。本当に辛かったのでその看護師さんの言葉に救われました。

涙が出てきました。嬉しくて泣いてしまいました。

 

その後もなかなか授乳に手こずって大変でしたが、少しずつ体重は増えていきました。

8日目に退院し家に帰ってからも授乳は大変でした。1ヵ月くらいかかりましたが簡単に授乳出来るようになり、息子もすくすく育ってます!

あの時は凄く大変でしたが、諦めず頑張って良かったと今では思います。

著者:れいちん

3ヵ月の男の子のママです。

只今子育て奮闘中です!

分からない事も多く不安ですが、子育て楽しみたいです!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。