妊娠・出産・育児の情報サイト


初めての手術が帝王切開!!ドキドキをおさえてくれたのはあの曲

f:id:akasuguedi:20160905222551p:plain

出産といえば、陣痛がきて、間隔が10分きったから病院行って…、または破水して…となると思っていましたが、赤ちゃんはお腹の中が好きみたいで、予定日すぎても出てこなかったので、予定日の3日後に誘発で出産することに。

 

立ち合いは自分が気をつかいそうだったので、旦那さんに妊娠した時点で、

『立ち合わないよね?』って聞いたら、

『え?立ち合うよ!』

えー!!

ただでさえ産む時は余裕がなく暴言を吐いてしまうと聞くので、どうしようと思っていました。

 

当日はバルーンと促進剤を使い陣痛を起こし、陣痛がきたら腰をさすってもらったり汗をふいてもらったりと、とてもナイスな動きをしてくれました。

お父さんの自覚が出てきたんだなと思い少し涙がほろりしそうになりながら、産まれたらきっと2人で感動して泣くのかなとか思ってました。

 

しかしどんなに頑張っても赤ちゃん出てこず、

先生から『帝王切開にしよう!』と言われ、緊急帝王切開に。

手術室では立ち合いはできないので外で待っていてもらうことに。

苦しい陣痛と自然に産んであげられないことと、産まれてすぐを旦那さんに見せてあげれないことに泣き、手術室へ

 

麻酔が効くと痛みがなくなり少し落ち着きましたが、帝王切開だとすぐ授乳できないんだよなとか考えていると何やら音楽が…。

 

そうです出産する時は音楽がかけれるのです。

好きなCDもってきてねと言われていたなと思っていると、なんとかかっている曲はマッキーの『どんなときも!!』

今まで生きてきた中でこんな真剣にどんなときもを聞いたことないな、そうだ私もママになるから自分らしく強くならなきゃいけないと思いました。笑

 

出産後友達などにどうだった?と聞かれることが多く、促進剤から陣痛、子宮口全開、 緊急帝王切開とフルコースで大変だったねと言われますが、最後にマッキーの話をするとウケる話になります。

著者:かなみりやん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。