妊娠・出産・育児の情報サイト


1ヶ月健診で心音に異常あり…!? 再検査の日まで気が気じゃありませんでした

f:id:akasuguope01:20160423113538j:plain

私は子宮筋腫の開腹手術をしていたため、予定帝王切開で予定日より2週早く娘を生みました。
体重は、ぎりぎり標準内で、少し小さい子でしたが、よく寝て、よく飲んで、とても元気な赤ちゃんです。

 

生まれてはじめての外出は、1か月健診でした。
見るからにぷくぷくとして、赤ちゃんらしい丸みも出て、赤ちゃんがどれくらい成長したのか楽しみでなりません。
診察の前に看護師さんが体重と身長、胸囲などを測っていきます。
それまで、ベビーカーでぼーっとしていた赤ちゃんは、突然おむつ一丁にされて体重計に乗せられ、びっくりしたようで、大泣きし始めました。
ぬいぐるみで気を紛らわせたり、私が手を握ってみたりして、落ち着かせようと看護師さんと四苦八苦。
一通りの測定が終わり抱っこすると、やっと赤ちゃんも落ち着きました。
測定の結果は、かなり成長していました。
標準ぎりぎりだった体重は、標準値の真ん中ぐらいの体重になっていました。

関連記事:1ヶ月検診にて

次は、小児科のお医者さんによる診察です。
抱っこして泣き止んだ赤ちゃんをまたベビーカーに乗せて待合室で呼ばれるのを待っていました。
大学病院で待っている人が多く、30分くらい待ちましたが、赤ちゃんは泣くこともなく落ち着いていました。
名前が呼ばれて診察室に入りました。
赤ちゃんはまたおむつ一丁に。
すると、大泣き。
赤ちゃんが泣き叫ぶ中、おなかや背中を触診していきました。

 

次に聴診器。
それまではちょっと触るだけだったのに、聴診器だけ何度も少しずつずらしながら聞いています。
「なにか気になることはありますか?」と突然聞かれて、
「え?特には・・・」と私が不思議そうな顔をしていると、
「心臓の音に雑音が混じっています。心臓の疾患があるかもしれません。ただ、特にほかに異常はないし、泣いているというのもあるので疾患とは確定できません」と言われました。

 

心臓に病気?

私は一瞬で真っ白になってしまいました。
「ほかに異常はないから要経過で、来月も来てください」と言われました。
うきうきだった1か月健診が、一気にどん底です。

生後2か月の再健診まで、心臓が止まってしまうのではないのかと心配でなりませんでした。

赤ちゃんが寝ていても、ちゃんと心臓が動いているのか何度も鼓動を確かめました。


そして再健診の日。
体重も身長も成長しているけど、不安でいっぱいで喜べません。
診察になり、今回は赤ちゃんの機嫌もよく、泣かずに聴診器を胸にあてることができました。
じっくり聴診器をあてたあと、

「大丈夫です。雑音は聞こえません。心臓に問題ありませんよ」

今まで踏ん張っていた力がすとんと落ちた気がしました。

大泣きして心臓の音が聞こえづらかったことと、新生児期だと特定しづらいということが再検査の理由でした。こういう理由の再検査は、意外とよくあることだそうです。

不安でたまらない1か月でしたが、今はなにごともなく健康に育っています。

著者:あとり
年齢:35歳
子どもの年齢:2歳3カ月の女の子

1歳から保育園に娘を入れて、職場復帰。育児と仕事に奮闘中です。多忙で終電帰りの旦那とやんちゃなオス猫2匹と一緒に暮らしてます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。