妊娠・出産・育児の情報サイト


動きたい盛りの娘にピッタリの「歩行器」。足腰強化と「ママの裏目的」は叶う?!

f:id:akasuguedi:20160902222755j:plain

10ヶ月の娘は、ここ最近、急に運動能力がアップしました。

何にでもしがみついて、立ち上がろうとするので本当に目が離せません。

歩きたいような素振りをみせるので、それならばと歩行器を買ってみました。

 

そもそも、歩行器は買って損はないか?ということが気がかりでしたが、 インターネットで歩行器に関する口コミを検索すると 、

「床にゴロゴロと転がしておくよりは安全」

「機嫌が悪い時に座らせると、ご機嫌がなおる」

「家事をする時だけでも座ってくれていると、家事がはかどる」

といった意見があったので、購入を決めました。

 

さて、実際に届いた日に娘を歩行器に座らせてみると、効果テキメン!

つま先で床を蹴ると後ろに進めることがわかり、とてもうれしそうです。

でも、なぜか、後ろにしか進めないんですよね。

ずりずり、ずりずり・・・壁、ずりずり、ずりずり・・・壁、の繰り返し。

壁にぶつかって動けなくなると、とたんに不機嫌になってしまいます。

 

私が手を貸して前に進むよう促すと、今度は激おこ状態!

まったく意味がわかりませんが、ギャン泣きしてしまうです。そんな歩行器デビュー当日でした。

それから数日経った現在でもうまく使いこなしてはいませんが、慣れれば楽しんでくれるだろうと気楽に見守っています。

 

歩行器が欲しいと思ったのは、活発な娘を床に座らせておくのが危険だからというのがひとつ、また、足腰が丈夫になればいいなぁというのも理由のひとつでした。

でも…「歩行器で歩けば、娘の足が細くなるかも!」というのが、裏理由かつ最大の目的!…ということは、実はパパには内緒です(笑)。

 

歩行器に過度の期待を寄せている母ですが、娘はそんな気持ちも知らず、今日もむちむちの太ももを惜しげもなくさらしながら、ずりずりと後ろにのみ進んでいるのでした。

f:id:akasuguedi:20160402232150j:plain

著者:BB_TAO
年齢:41歳
子どもの年齢:11ヶ月

7歳のチワプー(チワワ×プードル)と5歳のマルチーズの犬ママ、そして40歳初産の新ママ。娘に振りまわされながらも、翻弄される喜びも感じているバカ親。離乳食が3回食になり、毎日のメニューに四苦八苦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。