妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠は奇跡!

f:id:akasuguedi:20160911150116p:plain

主人と私は2年間の交際を経て結婚しました。

主人とは、勤務先が同じで出会って2年で交際スタート。

交際1年の時、私が仕事で沖縄へ転勤(1年契約)になり、遠距離に。

遠距離になって相手の大切さをさらに実感し、結婚を意識して大阪へ戻る前に入籍。

 

その後、遠距離中すぐに子供を授かりました。

30代だったので、こんなにスムーズに授かれるとは思わず本当に嬉しく、主人と大喜び。

 

大阪へ戻るまで仕事も通常に勤務し、家事も頼る人がいないので少し無理をしながら主人と暮らすまで頑張りました。

2度目の健診、まだ胎児は小さく(6週)心拍の確認は出来ず。初めての妊娠で特に気にせずこんなものだろうと少しの不安程度で思ってました。

次の健診(8週)、またもや確認出来ず、徐々に不安に。

その頃、1年契約が終わり主人と大阪へ戻る時期に、主人につきそってもらいふたたび健診へ。

結果、残念ながら心拍確認出来ず、医師から流産の話をされました。その後自然流産しました。

医師や周囲には、お母さんのせいではないよ。と言われましたが、やはり無理をしたせいかなと自分をせめたりもしました。

 

その後、半年立って妊活スタート。

前のようにすぐには授かることはなく、妊娠についていろいろ調べるようになりました。

独身の頃は、妊娠はすぐに出来るものだと思ってましたが調べる中、妊娠は奇跡だなぁと思いました。

基礎体温排卵日検査薬などを試し、さらに半年後、妊娠検査薬に反応が!

前回のこともあり、すぐに病院に行くのは不安だったので、妊娠7週のころに産婦人科へ。

結果、心拍は前回同様、まだ確認出来ず。不安なまま帰宅。

二週間後、ドキドキしながらふたたび病院へ。

超音波を見るのが怖くて天井を見ながら、覚悟を決め、先生に『どうですか?』と尋ねました。。

先生は『見えますか?これが胎児で点滅してるのが心臓ですよー。おめでとうございます』

普段あまり泣かない私なので、自分でも驚きましたが、その時は涙があふれ初めての温かい感情につつまれ、本当に幸せを感じました。

 

現在、妊娠8か月になりました。

胎動をすごく感じ、日々子供の成長を感じ、出産の準備など主人と楽しい時間を過ごしてます。

著者:まーさ

30代主婦、現在、妊娠8か月。初産。初めての妊娠生活はすごい楽しい経験ばかり。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。