妊娠・出産・育児の情報サイト


「ママは何でもできる魔法使い!」難題もあるけれど、息子の想像に応えたい理由

f:id:akasuguedi:20160908152905p:plain

4歳になる息子は、「ママは魔法が使える」と思っている。

 

いま専業主婦をしている私は、基本的な家事をすべてやる。プラスして絵を描いたり本を読んだり、歌を歌ったりもする。そんなことは当たり前なのだが、息子からすると「どうしてママは何でもできるんだろう?」という感じらしい。

 

と、いうわけで息子に「なんでママは○○できるの?」と聞かれる度に、

「ママは魔法が使えるんだよ。秘密だけどね。まあ、他の子のママもけっこう使えると思うよ」

と答えてきた。

しかも、私がこだわる性格のため、

・魔法使いは血筋なので、私の父(おじいちゃん)も魔法使い

・年をとればとるほど魔法が強力になるので、おじいちゃんはかなりの使い手。

などの細かい設定を加えていった。

特に、多趣味で器用なおじいちゃんの存在は説得力満点だったらしく、今やすっかり、息子にとってママは「敵わない相手」になっている。

ママが本当に怒ったら、魔法を使われてしまうからだ。

 

また、遊びたい夜に寝たくなかったとしても、ママの前には観念しなくてはいけない。最終的にママの魔法によって眠らされてしまうからだ。

 

いつの間にか、息子の思考回路がこうなっていることに気づいたのは、ある朝の会話からだった。前の夜になかなか寝ようとしなかった息子が、

「ぼく、夜は眠くならないんだよ!」と言うので、

「でも、あっという間に眠ってたよ?」と答えたところ、

「それは、ママがぼくに魔法をかけたからでしょ!」と返ってきたのだ。

 

魔法なんてウソじゃないか!と言われてしまえばそれまでなのだが、私はこの「ママは魔法使い」設定もアリかなと思っている。

なぜなら、私は子供にとって親は絶対安全地帯であるべきだと考えていて、ある程度の万能感を与える必要があると思っているからだ。

思春期になって「親も人間なんだ」と気づくまでは、悪くないかなと。

 

ただ、「ママは魔法使い」設定は決してラクじゃない。あらゆる難題をクリアすべく、日々奮闘している。

著者:ピロ

元イベントプロデューサー。夫の転勤を期に今春より初めての主婦生活&初めての関西生活に突入。趣味は舞台鑑賞・映画鑑賞・読書・旅行。大好きな文章を書きながら、世の中で最も苦手だった家事に精力的に挑戦中。最近、息子の好物が「たこやき」になりました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。