妊娠・出産・育児の情報サイト


キラキラ青空の下でどんより顔…水遊び大好きな息子、ハワイでまさかの海NG

f:id:akasuguedi:20160913152136j:plain

今年6月、初めて子連れで海外に行ってきました。

息子は1歳4ヶ月、行き先は赤ちゃんに優しいと評判のハワイ。

目的は、家族でのんびりすること、息子と水遊びを楽しむことです。

 

お風呂も水遊びも大好き、近所にある水遊び用の噴水に連れて行くと、全速力で突進して全身ビショビショになって帰ってくる息子。

ハワイで青い海や広いプールに入ったらさぞかし喜ぶだろうなぁ♪と夫婦でワクワクしていたのですが……。

 

今回の旅行の最大の誤算。

それは、まさかの息子の“海NG”でした。

 

ハワイ到着後、早速海に連れて行ってみると、いきなり大泣き!

夫や私にしがみついて抱っこを求め、離そうとすると全身で拒否。

「ええっ、そんな~。もしかして波が怖いのかな?」

すぐにラグーンへ移動する私たち。けれど息子は泣き止みません。

「これならどうだ! 大きいお風呂みたいでしょ?」

今度は足早にプールへ移動。それでもやっぱり涙ポロポロ。

 

結局初日は、海もラグーンもプールも全部ダメで、終始泣いていた息子。

この日撮った写真の中に、キラキラの青空の下でどんより暗い表情をしている1枚があるのですが、そのコントラストが絶妙すぎて、誰に見せても爆笑されます…。

 

それでも、なんとか息子にハワイで水遊びの楽しさを味わってほしい!

翌日からは、砂浜から水辺へとじわじわ進み、いつの間にか砂遊びから水遊びへとシフトする作戦を決行しました。

そのさりげなさがよかったのか、息子は、持っているバケツに入っているものが砂から水に変わっても遊ぶのに夢中。

日を追うごとに少しずつ慣れて笑顔も増え、ラグーンではペダルボートやカヤックにも乗れるように。

最終日には、プールから上がるのを泣いて嫌がるまでに成長(?)しました。

あぁよかった……ハワイまで行った甲斐があった……。

ただし、海は最後まで視界に入るだけで泣きべそでした。一体なぜ??

この旅行が決まってから、それまで持っていなかった、息子の水遊びセットを一式用意。

水着、ラッシュガード、スイムキャップ、サンダル、ビーチで着られるタオル地のパーカー、などなど、1つずつあれこれ悩んで買いました。

水着は、脱げにくくて日焼け防止にもなり、小さいうちしか着られないグレコタイプを選んだのですが、1日2~3回水に入るだろうからパンツタイプも欲しいなぁとギリギリまで物色。

でも、買わなくてよかった。1日1回の水遊びで精一杯だったので、水着は1枚で充分でした(笑)。

もし同じように迷っている方がいたら、様子を見ながらの現地調達をオススメします。

ちなみにハワイには、安くて可愛いベビー用スイムグッズがたくさんありました!

 

帰国後、相変わらずお風呂でキャッキャと遊ぶ息子を見て、「海の何がそんなにイヤだったんだろう……」と首をかしげている私たち。

先日、地元の公園に連れて行った際、池に勢いよく突入して腰まで泥水まみれになりながらテンションMAXになっていた姿を目の当たりにして、その謎はますます深まるばかりなのでした。

f:id:akasuguope02:20150806111901j:plain

著者:cosmic
年齢:37歳
子どもの年齢:1歳5ヶ月

フリーライター。女性誌やWEBなどで執筆。遠距離結婚生活を経て、2015年に長男を出産。“東京で仕事”と“関西で育児”、両方の暮らしを楽しむのがマイテーマ。目下、知らないことだらけのベビーワールドをキョロキョロ探検中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。