妊娠・出産・育児の情報サイト


期待したけど…ああ、2人目も寝ない子! 泣き声二重奏の寝かしつけは夫婦総力戦

f:id:akasuguedi:20160914220314j:plain

f:id:akasuguedi:20160913214250p:plain

2人目が生まれたとき、私は期待していた。

今度こそ、「寝る子」でありますように。しかし残念ながら、期待むなしく、娘もまた寝ない子だった。

 

しかも、上の息子は基本、添い寝や授乳をしながら寝てくれたけれど、娘は授乳した後、抱っこもプラスしなければいけないこともあり苦労した。まさに寝られない24時間耐久レースが始まった。

 

だけど、寝ない子育児は2人目。「ああ、この子も寝ない」と早々にあきらめた。

一緒に添い寝して、そのまま昼寝する。授乳して抱っこしたまま、テレビを見たり、雑誌を読んだりして1時間過ごす。

息子に比べて、小柄だった娘は、とにかくおんぶや抱っこがさほどつらくなかったのも幸いだった。首が座る前は、ずっとスリングにいれっぱなし。首が座ったら、基本はおんぶ。上の子を保育園に連れていく往復の30分で、ちょうど寝てくれる。その間にさっさっと家事を済ませることもできた。

 

ただし問題は夜だった。なんといっても、上の子もいるのだ。

もともと眠りの浅い息子。下の子が起きてしまうと、その泣き声に反応して息子まで起きてしまう。となると、お手上げ。娘を授乳しながら寝かしつけつつ、反対側にいる息子をトントンする。体がねじれて、変なことになっているし、泣きが本格的になると、やっぱり時間がかかる。

 

っていうか、夫よ。何してるんだよ。

 

夫は別の部屋で寝ているんだが、泣き声の二重奏に起きる気配はない。殺意を覚える瞬間だ。

で、どうしたかというと、思いっきり夫を起こした。家の電話を鳴らして。

下の子がウェンウェンいいはじめたら、授乳を開始。抱っこしないと寝ないようだったら、すかさず枕元にある自分の携帯から家の電話を鳴らす。リビングのすぐ横の部屋で寝ている夫はそれで起きる(夫の携帯電話ではダメ。マナーモードにしている可能性もあるから)。

夫が起きたら、娘をバトンタッチ。夫はエルゴで娘を抱っこし、ソファの上であぐらをかいて、眠る。で、私は、ぐずぐず言い始めている息子をトントンさせながら、眠る。

 

夫はすごく寝つきのいいタイプなので、それでも十分寝れるし、娘もすごく安心するみたいで寝つきがいい。

(この話をすると「ご主人、すごいね」って言われるんですけど、なんだか納得いかない…)。

 

あとは、やっぱり上がいるので外出することが多いので、ベッドで昼寝という時間が取れないことも多いのが2人目だ。

そんなときは抱っこ紐をして、歩きながら授乳していた。ケープで隠せば問題ナシ。ずっと抱っこされているわけだから、そのまま昼寝もスムーズ。授乳室に行かなくていいので一石二鳥。

すご~くいい手だと思うんだけど、「歩きながら授乳」ってけっこうママ友にひかれました。便利なのに。

f:id:kko628:20150518131738p:plain

著者:ゆきもも
年齢:40歳
子どもの年齢:3歳と0歳

37歳にして第1子になる長男、40歳にして第2子になる長女を出産。3歳下の夫は大学時代の後輩にあたるため、拒否権はなし。保育園では年下のママたちに囲まれ、頑張って若いつもりでいても、「平成のとき、大学生だったな」、「セーラームーンのときはもう大人だった」と昔話でバレることしばしば。シーズンごとの大量洋服購入で、何のために働いているのかわからなくなること多し。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。