妊娠・出産・育児の情報サイト


黄金周期に高温期到来!このまま生理が来ないで…と祈り続けた2週間 byゆうひまほ

f:id:akasuguedi:20160923145118j:plain

 

3回目の注射の後、私には「ただ待つこと」しか、することがありませんでした。

病院には、生理予定日を10日間過ぎても生理が来なかったら連絡をください、とだけ言われていたのですが、まず3回目の注射から生理予定日までの4日間がとても長く感じました。

ただ何もせず待つだけ、というのは本当にじれったいものです。

大げさかもしれませんが、生理が来たら…という恐怖との闘いでもありました。

 

ちなみに私はインターネットで海外製の妊娠検査薬も購入しました。

日本語のサイトで注文して、届くまでに2週間。安価でたくさん購入できるので助かりました。20本で1500円程度で、一本あたり75円で購入しました。

f:id:akasuguedi:20160923145127j:plain

ただ、海外製の検査薬は日本のものと違って小さな試験紙なので、使用するのにコツが必要でした。

直接、トイレの際に試験紙にかけるのは無理だと感じたので、使ったらサッと洗って捨てられるように、タマゴケースのカップをひとつずつ切り離して器にして使いました。

f:id:akasuguedi:20160923145324j:plain

f:id:akasuguedi:20160923145144j:plain

そしてついに生理予定日。

出血は無く、基礎体温も高いままでした。

しかし、黄体ホルモンの注射のあとは、陽性反応が出るという話を聞いていたので、生理予定日近辺の「陽性」は信じないようにしなくては、と思っていました。

病院からは、10日すぎて生理が来なかったらと言われていたので、予定日に検査する必要は無かったのですが、それでも見たい「陽性反応」ということで、つい妊娠検査薬を使ってしまいました。

f:id:akasuguedi:20160923145158j:plain

結果は「陽性」!

でも注射の影響もあるかもしれないので、あまり興奮しないようにして「陽性ですよね、はい、確認です」みたいな気持ちで受け取りました。

夫へも、「注射の影響もあるだろうけど」と前置きをしたうえで、「今日は陽性だったよ。」と落ち着いた感じで報告。

f:id:akasuguedi:20160923145236j:plain

そして2日後にまた検査薬を使用。

結果は「陽性」。

まだ注射の影響かもしれない。とは思いつつも夫に報告。

「まだ注射の影響かもしれないけど、陽性だったよ。」

注射の影響だった場合を考えて、あくまで落ち着いて伝えるようにしていました。

それから毎日、基礎体温が下がってないか、体調に変化がないか、ハラハラしながら過ごしました。

朝起きて、体温を測り、熱が下がってなくてホッとする。

一日終わって、出血がなくてホッとする。

明日も体温が下がりませんように、と祈りながら眠りにつく。

生理予定日から10日間は、本当にとても長く感じました。

f:id:akasuguedi:20160923145250j:plain

そして私は、気になりすぎて我慢ができずその10日間の間に、なんと4回も妊娠検査薬を使ったのでした。

 

f:id:akasuguedi:20160617171450p:plain

著者:ゆうひまほ
年齢:アラフォー
子どもの年齢:1歳

36歳で妊娠出産、現在元気いっぱいな一歳男児を必死で育てています。広島を愛するアニソンヲタなミーハー主婦。
イラストだけでなく、手芸やDIYも好きな、「なんでもとりあえず自分でやってみる」派です。現在はそれらに没頭する時間が無いのが悩み。
ブログ:よいやさのゆっちサン

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。