妊娠・出産・育児の情報サイト


おしるしから陣痛まで15日、強烈な陣痛が2日半続いて…私の体力はもう限界!

f:id:akasuguope04:20160502191425j:plain

出産はおしるしが来て、陣痛が来て…の人もいれば、先に破水してしまう人、帝王切開の人と様々なスタイルがあると思います。

そんな私はおしるしが来てから、本陣痛が来るまで、約15日。本陣痛が約2日半かかり、ようやく出産しました。

壮絶?だったお話をさせていただきます。

出産予定日は4月9日。

初産はよく遅れると聞いていたので、まだまだ余裕だと思っていた4月1日。普通にトイレに行くと…「あれ?血…?」ほんの少しだけ血らしきものが出ていました。

「まさかこれがおしるし!?今日生まれちゃうの!?」1人で大パニック。しかし、特にその後変化もなく、1日過ぎ、2日過ぎ… 。

 

今度は急に下腹部あたりにチクチクとした痛み…。

「これは陣痛?でも耐えられないって言うし…」と思いつつ、検診に行くと前駆陣痛といい、陣痛の前に来るプチ陣痛みたいなものだと教えてもらいました。ただ子宮口はまだ全く開いていなかったので、予定日過ぎるかなー?とも言われました。

 

前駆陣痛と戦いながら刻々と予定日に近づいておりましたが、気配はゼロ。

そんなある夜、お笑い番組を見ながら爆笑した際に何か水が漏れた感じがしました。トイレに行くとパンツがびっしょり。「これが破水か!?」と思い、急いで病院へ。

結果は何かのタイミングでオリモノが出ただけでした。一安心したのと同時に、ちょっとの変化でも敏感になる自分に不安を覚えました。

結局予定日の4月9日を迎えましたが、何も変化はなく、ずっと来ていた前駆陣痛もなぜか止まってしまいました。

 

予定日を1週間過ぎた4月15日の検診で、今後陣痛が来なかった場合の帝王切開の説明を受けました。私の入院した病院では、予定日から10日過ぎると帝王切開での出産という決まりでした。

なので、4月19日まで変化がなければそこで入院し、4月20日に帝王切開にて出産。まぁそれもしょうがないかな?程度に思いました。最後の内診で陣痛が来るように軽く刺激され、帰宅しました。

 

そこから数時間後の午後…生理痛の重い感じ、とても鈍い痛みを感じました。

「今までとは違う…」そう感じ、母に話すとそれが陣痛でした。刺激を受けて数時間で陣痛。「内診ってすごい!」と思いつつも「いよいよだな」と気合を入れました。

 

なんとか陣痛に耐えながらも、時間を測りました。3分間隔の時もあれば、30分以上あくときも…ただその日の夕方に、間隔は決まらないもののあまりにも耐えられなかったので、病院に行き確認してもらいました。子宮口はまだ2㎝も開いておらず…結局家に帰されました。

 

そこからが地獄の始まりでした。その日の夜から不定期な陣痛は約2日半続き、睡眠もままならず、私の体力は限界でした。

辛さなのか、痛さなのか、眠たさなのか、もうわけのわからない感情でただただ溢れてくる涙…「もう無理!こんなん産めない!もう産まなくていい!!」号泣しながら、母に叫びました。

すると、「今からそんなこと言ってたらお母さんになんかなれないよ!産まないってお腹の中どうするの?」喝を入れられました。

今考えると「確かに」としか思えません。

 

それは朝の出来事でした。その日もなんとか耐えました。しかし、相変わらず不定期な陣痛…もう限界だったため、夕方に帰される覚悟で再び病院へ。

検査の結果は子宮口6㎝半あき。「即入院。よくここまであいてるのに我慢出来たね!きっと朝の号泣が赤ちゃんに伝わったのね!」と言われ、また涙が溢れそうになりました。「ほんとにほんとにやっとなんだ…」

 

入院はしましたが、なかなか陣痛が強くならないし、破水もしないため、夕食も食べ、お風呂も入り、布団に入りうとうと…気付くとすでに夜中の2時。

その時ぶわっと水が溢れ出しました。破水です。

助産師さんを呼び、その旨を伝えました。破水はしましたが、結局陣痛は強くならないので、きっと産まれるのは朝になると…。

「まだかかるのか!?」私の頭の中はその言葉でいっぱいでした。

ハッと気付くと知らない間に母が来ていました。次にハッと気付くと朝になってました。

 

朝7時には先生が出勤するので、来られた時点で促進剤を使うとのことでした。特に促進剤を使うことに抵抗はありませんでした。

「それより早く出してこの苦しみから解放されたい…」

 

促進剤を入れて、点滴が2滴垂れると一気に陣痛が強くなり、3回くらいいきむとすぐに頭が見えてきました。促進剤の効果覿面です!さらに3回くらいいきみ、あっという間に赤ちゃんは産まれました。

こうして難産のような安産のような子はもう1歳。これからもマイペースに子育てしていきます。

著者:びび
年齢:29歳
子どもの年齢:1歳

愛知県でマイペースに子育てをしている専業主婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。