妊娠・出産・育児の情報サイト


難産だと思っていたのに…

2014年に1人目を陣痛が始まってから6時間という安産で出産し、去年の冬に2人目の妊娠が発覚しました。

発覚してからは1人目同様つわりは全くなくお腹の子の為にいっぱい食べないとと思い朝昼夜しっかり食べて尚且、上の子と一緒におやつなんかも食べていました。

すると妊娠5ヶ月の時点で妊娠前と比べて体重10kg増…。

さすがにやばいと感じ朝は大好きなパンをガッツリ食べて昼は無し夜は炭水化物を抜くと言う生活に切り替えました。

ところが体重増加は止まらず妊娠9ヶ月になると18kg増に…。

もうこの時難産を覚悟しました。

微弱陣痛や最悪の場合帝王切開…そんな事を考えながら正産期を迎えました。

39週4日目に陣痛らしき痛みがあり、前駆陣痛なのかと迷いながら間隔を計ると完全な10分間隔でした。

(1人目は前駆陣痛ありませんでした。)

急いで病院に行き内診や手続きをしていると既に5分間隔に。

陣痛室を通り過ぎ分娩室へ行き早くも出産準備をされその準備をしている間に子宮口は全開に。

そこから2.3回息んで無事第2子が誕生しました。

お股は切られも裂けもせずに綺麗だったようで縫われませんでした。

私はてっきり20kg近く増えた体重のせいで難産になると思っていたので思わぬスーパー安産でびっくりしました。

ちなみに2人目は体重は1人目よりも多かったものの頭囲が小さかったのと私の息み方が上手かったようですんなり出てこれたと助産師さんに言われました。

今回は思わぬスーパー安産でしたが、もし次妊娠することがあればその時は体重管理を気をつけたいと身にしみました。

 

著者:なん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。