妊娠・出産・育児の情報サイト


無痛分娩のはずが…緊急帝王切開

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

初産の時の体験です。

元々無痛分娩の予定でした。出産予定日を過ぎて、計画分娩という形で出産する前日に入院をし、バルーンを入れました。痛いと聞いていたのですが、そんなに痛くはなかったです。

夜中に陣痛が始まりましたが、無痛分娩の予定だったので最初から麻酔が付いていたのでそれ程痛みは感じなかったです。生理痛のようなかんじ。

 

そして早朝、分娩室に移動すると…急に周りがバタバタ。胎児の心拍が低下しているという事で、緊急で帝王切開をする事に。

急遽主人も呼ばれ、立会いで帝王切開

手術は、5分ぐらいでアッという間でした。笑

どうやら、胎児の体中に、首にまで、へその緒が絡まっていたそうです。

予定日を過ぎていたのに、胎児は2200gの小さな赤ちゃんでした。

が、保育器には入らず…ミルクもたくさん飲み、あっという間に大きくなりました(o^^o)

普通退院時は、体重が減る赤ちゃんが多いそうですが、おっぱいが出たせいか体重は増えてました。

その後も順調に大きくなり、

今は3歳になりましたが、体はとても丈夫です!

 

著者:花雪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。