妊娠・出産・育児の情報サイト


二人目妊活にいたるまで

f:id:akasuguedi:20161012115034j:plain

f:id:akasuguedi:20161012115058p:plain

◎「二人目」が欲しいか

娘が1歳を過ぎたころから周りから言われるようになったことと言えば「二人目は?」です。

自分としてはいろんな人が急に言い出したので、やはり「1歳」というのは節目なんだなぁと実感。

知り合いには4人もお子さんがいる方がいるのだけれども、その方もしきりに「兄弟は早い方が。」

と言っていた。

 

我が家ではかねてより「子供は二人」として貯金をしてきた。

私も夫も兄弟がいるので、二人欲しいというのは当たり前に考えていた。

 

だが娘が生まれてから私は、夫に触れたくもなく触れられたくもなくなってしまった。

もうそれは産後すぐから今に至るまでずっと。

こうなったのには様々な理由があると思うが、とにかく嫌なものは嫌なのだ。

 

そのときようやく気付いた。

二人目なんて言うのは夢のまた夢。

 

◎「二人目」のタイミング

その後、いろいろ考えてみた。

年齢差はどれくらいがいいのかなどである。

結論として「さっさと産む」か「5,6年あける」の二択しかなかった。

 

なぜさっさと産むか、であるがこれはもう、のちのちの家庭の経済状況を考えたら、私の社会復帰は必須であり二人目を出産するのにあたって、今後見つけた仕事を休む、又は辞めるというのは嫌なのである。

 

なので第一子が小学校に上がる程度になり、ある程度自分で自分のことが満足にできれば、その時にまた二人目など考える余裕もできるのではないかと思った。

 

もちろん、保育園問題や学童待機など考えれば、山のように出てくる「二人目への壁」があるが、それでも「二人目を考える」なら壁は乗り越えてしまわなければならないし、できないのであれば我が家は「一人で終わり」ということになる。

 

もはや接触すら嫌悪感を抱いてしまう夫に、二人目について話を振ると「別にさほどほしくない。」

みたいな回答があって驚いたことがあった。

「二人いたらいいな、とは思っているけど必ず二人欲しいわけじゃない。できたらできたでいいのでは?」

と優しいお言葉をいただいたのだが私の中では

(触りたくないんだからもうできないじゃん。)という結論。

 

しかし、そういう話をしてからなぜか夫の言動に変化が。

「最近二人目欲しい。」「赤ちゃんを抱っこしたい。」等と

急に言ってくるようになった。

 

私も正直に言えば二人目はほしい。

娘には兄弟がいるほうが楽しいと思うし、私もそうであるように、大人になっても良好な関係でいられれば良き理解者や相談相手になってくれるのだ。

それは友人では代えられない関係なのであるから、私にとって兄弟がいることはとても

喜ばしいことなのである。

 

だけど問題はある。

 

まず何度も言うように接触が嫌。

そして我慢して接触したところで何周期も妊活するのが嫌。

金で解決していいのなら体外受精したっていいくらい嫌なのであった。

 

でも仕方ない。妊娠するのも産むのも産後の主な世話をするのも私なのだ。私がやらねば何事も続かないのである。

 

そうなればやることができた。

それは「最短で妊娠する」という目標である。

著者:キャシー

すっとぼけな旦那とムチッムチ1歳娘と暮らす怒れる系お嫁ちゃんキャシーです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。