妊娠・出産・育児の情報サイト


いつもどこでも笑顔の三男、なぜかハーフバースデーの記念撮影で号泣大パニックに

f:id:akasuguope01:20160419135434j:plain

我が家には、息子が3人います。小学生の2人の兄と少し年の離れた1歳の三男です。

三男は、2人の兄のおかげかとても活発で、初めての場所や初めてのおもちゃにも笑っているような子に育っていました。

 

日々みるみる成長する三男を写真に残すため、ちょうど生後6ヶ月になる日、フォトスタジオにハーフバースデーの記念撮影に行きました。

子ども連れで賑わう店内をスタッフの方に案内してもらい、いざ衣装に着替えさせようとしたとき、突然息子が泣き出しました。

普段めったにない激しい泣き方に主人もびっくりしました。

 

昼寝の時間も終え、おっぱいも飲んだ後だったので、原因もわからず、どうしたらいいのかわかりませんでした。

抱っこをしても、おもちゃを渡しても泣き止まず、私と主人、スタッフの方2人の4人がかりでなんとか着替えさせました。

それでもいつまでも泣き止まない息子に、写真を諦めかけました。

 

しかし、スタッフの方が撮影の順番を後にまわしてくれたり、根気よく付き合ってくれました。

なんと言ってもせっかくの記念撮影です。ここへ来たからには撮らなければと思い、続行することにしました。

しかし、やはり泣き止まず、仕方なくスタッフの方が別の仕事に取り掛かると嘘のように泣き止みました。

 

私は思いました。
『え?もしかして人見知りなの?』と。

上の2人は人見知りが全くありませんでした。私にとって子どもの人見知りは初めてです。あまりにも突然始まった人見知りに、どう対応するべきなのか全くわかりませんでした。

再開した撮影では、スタッフの方にカメラの影に隠れてもらい、極力接しないように距離を置き、時間をかけて撮影してもらいました。

 

後にも先にもこんなに息子を泣き叫ばせながら撮った写真はこれだけです。

子どもが何人目でも、その子その子で性格は全く違い、まだまだわからないことがたくさんあるなと改めて思いました。

 

初めてのことばかりで、何が正解なのかわからない子育て。ゆっくり子どもと向き合っていきたいです。

貴重な忘れられない体験をさせてくれた息子に、またひとつママとして成長させてもらいました。

そのときの不機嫌顔の息子の写真は、私のお気に入りの1枚です。

f:id:akasuguope01:20160419135207j:plain

著者:こみく

年齢:25歳

子どもの年齢:9歳、8歳、1歳

9歳、8歳、1歳の元気いっぱい男三兄弟の母です。毎日騒がしいくらい賑やかな我が家で家事に育児に奮闘中!わからないことだらけで体当たりな毎日です。いつか、子どもたち全員に私がお母さんでよかったと思ってもらえるのが夢です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。