妊娠・出産・育児の情報サイト


前区陣痛

3人目が臨月に入った頃の話です。

上二人は予定日より早く産まれて、本格的な陣痛がきてから3時間たたないうちに生まれてるのもあり、今回も早く出るだろうなーと思いながら過ごしてました。

 

37週ごろからお腹の張りが夜中寝ているときにちょこちょこあるようになり、38週ごろには何回か15分間隔になり、また遠ざかりの繰り返しで寝不足、いつ陣痛がくるかなーと不安になりながら過ごしてました。

上の子二人が出産まではやかったため、病院にもはやめに連絡をくれと言われていたので

少し痛めの張りがあるたびに時計とにらめっこ、そのうち何事もなくが続いて、精神的にもピークになってました。

 

予定日過ぎても前区陣痛は続き、本陣痛が来たとき、また違ったらなぁーと思いながら病院に行きました。

結局病院ついてから1時間半くらいで3600ごえの男の子が生まれましたが、いま思い返すとあれは前区陣痛だったんだなとわかりました。

 

上二人のときは経験したことがなかったので、前区陣痛について全く知識もなく、3人目なのにいつ陣痛になるかかなり不安でした。

 

やっぱりその子その子で出産って全然違うんだなと改めて思いました。

著者:めぐみ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。