妊娠・出産・育児の情報サイト


自然妊娠が良かったけど

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

結婚してすぐ婦人科系の病気になり、治療のためにも早めに妊娠することを勧められました。

私たちも早く子どもが欲しかったので、手術後のゴールデン期間である1年、自己タイミングで妊活してみて、ダメだったら不妊検査、治療をすることを夫婦で話し合い決めました。

 

基礎体温排卵検査薬を使いながらも、妊娠には至らず、不妊治療専門の病院へ行くことに。

不妊治療ということを考えると、自分に原因があるのかと不安になって泣いたり、病院へ電話するのも何度も何度も躊躇うこともありました。

 

初めは検査をしながら医師の指導の下、タイミングをしました。

6回、半年ほど挑戦しましたが、原因は分からず妊娠にも至らなかったため、病院の方針で次のステップへ向けての検査をすることに。

 

それまではずっと私の検査だけでしたが、そこでやっと夫の精子の検査がありました。

結果的に夫の精子は全く問題なく、卵管造影検査で私の卵管が片方が詰まっていて、片方が手術の影響で癒着している可能性があると言われました。

そして人工受精ではなく、体外受精ではないと可能性がないことも。

 

もちろん、原因が自分だと分かり、体外受精ではないと授からないと分かり、とてもショックでした。

ステップアップの先にそういう選択肢になることもあると頭で分かってはいましたが、自分に体外受精が必要になると考えてもいなかったのです。

また「私相手じゃなかったら、夫は問題なく自然妊娠で子どもを持てたんだ」と罪悪感で泣きましたが、夫が「私との子どもだから欲しいんだ」と前向きに励ましてくれたので、『原因が分かり、治療できるんだ!」 と前向きに捉え体外受精へ踏み切りました。

 

幸いにも排卵も問題なく、卵子の状態も良かったおかげでたくさん採卵でき、ほとんど受精していくつか胚盤胞まで育ちました。

そして運良く、体外受精1回目で授かることができました。

 

思いっきり落ち込んだ時期もありますが、夫婦でとことん話し合い感情を打ち明け合い、前向きに治療に臨めたおかげだと思います。

夫婦で乗り越えた不妊治療だと思います!

著者:こころ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。