妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛と帝王切開

39週の最終日、朝から生理痛のような軽い痛みが続いていたので、そろそろかなと覚悟を決めて身支度をはじめました。

旦那さんの帰りを待って陣痛の間隔を測り、入院セットの最終確認をし、落ち着いて過ごしました。

 

夕方から痛みが段々と強くなり、10分間隔になったところで産婦人科へ連絡し旦那さんの運転する車で向かうことに。

産婦人科に到着しすぐに内診したところ子宮口は3cm、柔らかくいい状態だと助産師さんに言われ入院部屋で待機。

 

段々と耐え難くなる陣痛、ただただ旦那さんに泣きつく事しかできませんでした。

陣痛の痛みは、腰と子宮が鉄板のように硬くなり、何か強い電気のようなものを定期的に流されるような本当にツライものでした。

 

陣痛の波が来ることが怖い怖いと思っていたところ、急に陣痛が遠のいてしまいました。

何度かの助産師さんの診察の後、先生にの内診があったけれど赤ちゃんが降りてきてる様子がないとのことで、一旦退院か?という雰囲気に。

 

しかし、先生の口からは意外な言葉。

「明日朝、帝王切開赤ちゃんをだしましょう」

促進剤投与の検討もなく、いきなり帝王切開

私は不安と心配ですぐに納得することができませんでした。

 

家族と旦那さんとよく話し合い赤ちゃんが1番楽な方法を選択しようとなり、翌朝40週ちょうどでの帝王切開を決意。

 

しかし、決意したものの陣痛が再開。

更に強くなり間隔が短くなる陣痛に夜中ただただ耐え続けたけれど、先生の診断は変わらず。結局、翌日早朝に帝王切開開始。

麻酔投与の瞬間まで陣痛があり本当にツラかった。

 

手術中は無事赤ちゃんに会えること願いながら、妊娠発覚から今日までのことをぼんやり思い返して、とてもとても優しい気持ちで過ごしました。

 

そして「おめでとう!」先生の声と共に元気な産声をあげた我が子がみえました。

涙がこみあげて、なんとも表現しがたい感情が溢れ出てきて、自分の下半身が感覚がないことなどすっかり忘れてただただ感激したことを思い出します。

 

部屋に戻され、点滴、血栓予防装置等、完全に自分の力では動けない状態の中、段々と麻酔がきれて後陣痛と傷の痛み、子宮収縮で、これまた耐え難い時間がはじまりました。

赤ちゃんと離されてしまった寂しさや、初乳をあげられないツラさで涙がこぼれました。

痛み止めが効きはじめたころ、旦那さんが画像を届けてくれ、やっとおちつくことができました。

 

術後3日目から親子同室となり、傷の痛みと闘いながら可愛い我が子のお世話がはじまりました。

痛いことづくめの出産でしたが、我が子が無事生まれてきてくれたことには代えられないと思います。

痛みを経験し、親の偉大さとありがたみを感じることができました。そして自分が親になった責任を感じています。

 

現在、傷の痛みもだいぶ落ち着き、愛おしくてたまらない我が子の幸ある未来を願いながら育児に奮闘しています。

みなさんの幸せな出産、育児をお祈りします。

著者:さくらちゃん

H28年9月7日、元気な男の子のママになりました!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。