妊娠・出産・育児の情報サイト


9ヶ月の双子を連れて11時間の長距離フライト。私が気をつけた3つのポイント

f:id:akasuguope01:20160422220731j:plain

私は現在1歳半の双子の男女を育児しています。これは双子が9ヶ月になったばかりの時のお話です。主人の仕事の関係で海外に5年ほど在住していたのですが、無事に任期を終え日本に本帰国することになりました。
住んでいた国から日本までの飛行距離はおよそ11時間。かなりの長距離フライトなので10ヶ月の双子を連れて帰るのはいささか心配が耐えませんでした。
その上犬を2匹飼っていたので、これは大人2人だけでは不安を感じたので私は実の母親に助けを求め、助っ人に来てもらうようにお願いしたのです。

幸いにも実母はわざわざ海外にまで来てくれ、なんとか大人3人・子供2人・犬2匹で帰国することが決まりました。

今回のフライトで気をつけたことは3点あります。

1つ目はフライトの時間。双子の就寝時間と被る時間帯にチケットを取りました。これは大正解だったようで、フライトしてすぐに双子はすぐに寝入ってくれ、日本に到着するまで殆どの時間寝ていました。途中起きることはあっても、ミルクを与えたらすぐにまた寝てくれたので一回もグズることなく無事にフライトを終えたのです。

2つ目はミルクです。飛行機に乗っていると耳が詰まるため、おっぱいをあげたりミルクを用意したりするのが良いとインターネットで調べていたので、ミルクを用意していました。しかし、幸いなことに双子は離陸・着陸共に泣くことなく過ごせました。

3つ目は座席です。飛行機にはバシネットと呼ばれる赤ちゃんの専用席が存在します。バシネットは1機につき席が限られているので帰国が決まったらすぐに予約をすることがポイントです。この席を取れるか取れないかで大きな違いがでます。しかも我が家は双子なのでバシネットの席も2席必要。なんとか2席確保できる便を予約できました。

以上が私たちが気をつけた3つのポイントです。子供を連れての長距離フライトは子供も親もとても大変だと思いますが、少しでも快適に過ごせるように予め用意をしていくことが大切だと思います。

f:id:akasuguope01:20160224063500j:
plain

著者:Belle
年齢:28
子どもの年齢:1歳4か月

2014年に男女の双子を海外で出産しました。3か月の早産で低体重で生まれたので、本来の出産予定日である日まで約3か月間NICUにお世話になりました。現在1歳4か月。スクスクと成長しています!双子育児に奮闘中!がんばります。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。