妊娠・出産・育児の情報サイト


経済的にも精神的にも辛い不妊治療、もう充分頑張ったからちょっと休もうかなと思った矢先

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

不妊治療を始めて5年の33才です。

 

これまであらゆる治療をしてきました。

 

子宮内膜症、チョコレートのう腫、子宮筋腫の手術の後、タイミング3回、人工授精3回、体外受精1回、凍結胚移植1回しましたが、いずれも結果が出ず、落ち込む毎日。

片方の卵管閉塞。卵管が通ってる方の卵巣はチョコレートのう腫の手術をしたため、卵が育ちにくい状態。

 

また、遺伝から血糖値が上がりやすく、食事療法と薬の服用を続けてきました。 

 

経済的にも精神的にも辛くって辛くって、一旦治療をお休みすることにしました。

 

お休み中は、主人と旅行へ行ったり、普段なかなか会えない遠距離の友人と遊んだり、外食を楽しんだり、とにかくリフレッシュしました。

 

子供が出来ないなら、せめて自分達の好きな家に住もう!と主人と相談しマンションを購入。

 

子供は出来たら嬉しいけど、主人と2人で仲良く生きていくのも良いな、と立ち止まって初めて思うことが出来ました。

 

半ば諦め気味だけど、ほんの少しだけ期待して、人工授精は続けていこうと治療を再開しました。

 

引っ越しを半年後に控えた冬。

酷い便秘と、とめどない眠気、続く生理前の高温期。

うーん、もしかして??

けど、期待しすぎると後が辛いのはもう何度も経験してるから、軽い気持ちで検査薬を使ってみたら、まさかの陽性!

お風呂上がりでパンツ一丁の主人と抱きしめあっておいおい泣きました。

 

その後病院で陽性反応、心拍確認と順調に育ってくれて、臨月になりました。

 

よく「諦めたら妊娠した」とか「笑顔のお母さんの所に赤ちゃんは来る」って散々聞かされてきたけど、赤ちゃんが欲しいから諦められないし、頑張ってるのに結果が出ないから笑顔になれないのに。

 

その言葉は今でも好きじゃないけど、私達を選んできてくれた赤ちゃんを大切にしたいし、主人と2人で行ったいろんな旅行先へ家族3人で行くことがささやかな楽しみです。

著者:光

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。