妊娠・出産・育児の情報サイト


出産を機に入った保険のことと、その後の家計のやりくりが大変になった話

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

出産前からずっと考えていたのが、子どもの学費のこと。

色々調べて、銀行に貯金するよりも、学資保険などを使って貯めた方が、確実で万が一の時にも安心だと思いました。

 

しかし主人は、何故か保険が嫌い。

結婚した時も、保険を見直そうと言ったら嫌な顔をされ、何とか説得して保険ショップに一緒に行ってもらいましたが、あれから数年しか経っていないのに、また保険に入るのは嫌だと言われてしまいました…。

 

仕方がないので一人で検討して、個人的に貯めていた私の貯金600万円を前期前納し、残り500万円分を年払いで納めていくことにしました。

あ~これでひと安心!と言いたいところですが、出産前後にはお金がだいぶかかり、私の貯金はすっかり減ってしまいました。

妊娠前は私も働いていたので、収入にゆとりがあったのですが、専業主婦になった今、家計のやりくりが大変です。

今回見直した学資保険以外にも医療保険、生命保険に以前から入っており、今では保険の支払いだけで一年に60万円かかることになっています。

貯金残高が600万円以上あった時には、まだまだ余裕があるから大丈夫、と思っていましたが、今では毎年ちゃんと払っていけるのか、度々心配で、無駄遣いが本当にできなくなりました。

 

現在子どもは10ヶ月。

数年後には幼稚園に入れたいと考えていましたが、何だか幼稚園はお金がだいぶかかりそう?そしたら家計が破綻するかもしれません…それが今の悩みです。

子どもが小さいうちは、働かないでそばにいたいと思っていましたが、将来のことを考えると不安になります。

子どもが習いごとをしたいと言ったら…塾に行くと言ったら…払えるだろうか。そんなことを考えてしまいます。

 

いざとなれば主人の貯金もありますが、なかなか出してくれなさそうなので、あまりあてにできません。

いつから働くのか、まだまだ先のようですが、早く考えなくてはいけませんね。

 

少し私が実践している節約について書きます。

まず紙おむつをやめて、布おむつにしました。

布おむつは買い揃えるとけっこう費用がかかりますが、私は実家にあったさらしで輪おむつを手縫いし、おむつカバーはなるべく安いものを買いました。

ベビー用品は、中古の物を少し買ってみました。意外と綺麗な状態で売られているものもあり、安く手に入るのは嬉しいです。

 

あとは自分でもいらなくなった物を売って断捨離してみたり。

スマホも機種変して、今は月に4000円未満です。

こんな微々たるものですが、節約できたと思って嬉しくなることもあります。

 

子どもが生まれてから、自分の物は全然買えなくなりました。

主人は私が貯金をはたいて保険に入ったことを知らないので、私が日々貯金を確保しようと励んでいることを知りません。

主人はけっこう無駄遣いばかりするので、時々イライラしてしまいますが、一生懸命仕事を頑張ってくれているので、感謝しています。

毎日があっという間で、毎日育児でヘトヘトで、お金のことなんて考えていられない日もありますが、子どもの将来の為に、頑張ろうと思います!

著者:ぴーちゃん

30代の専業主婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。