妊娠・出産・育児の情報サイト


すがりつく場所なく、ネットに頼る毎日

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

仕事はフルタイムワーカーで楽しい。

夫婦生活も良好。

ただ1つの悩みが“子供がいない”事でした。

結婚5年目を迎え、気付けば周りにはどんどん家族が増えていくのに、自分たちだけ変わらない姿に、時々嫌気がさす事もありました。

 

不妊治療(タイミング、人工授精6回)を始めて約2年。

お金と時間、見えないゴールに悩み続け、頼るところはネットだけ。

時にはテレビの悩み相談にすらすがる日々。笑

たくさん友達はいたけど、なかなか友達だからこそ、話せない事もあり、ブログの中で愚痴りました。

顔が見えないからこそ、本音で気持ちが綴れたなぁと今はとても救われた気持ちです。

 

妊娠初期症状を調べては一喜一憂。

そんな私の姿に旦那もちょっと疲れたいたような気もします。

しかし、2年も、24ヶ月以上も、毎度毎度私だけは一喜一憂することを、時には投げやりになりながらも、「でも、もしかして…」の気持ちが大きすぎて続けていました。

 

そんな私のお腹に命が宿ったのは、私がずっと目指していた正社員雇用になった時。

ずっと勤めた会社、6年目にして総合職になれた時でした。

その月はタイミングが合わず病院に行ってませんでした。

夫婦生活だけで、旦那の精子が弱いと言われ続けていた私達夫婦にやっと、やっと命が授かりました!

 

じゃあ、どうでしょう。

今まで妊娠、出産報告の嵐だったSNSも芸能ニュースも見る目が変わりました。←単純

でも、そんな嬉しい気持ちをやはり生身の人間には伝えられず、やっぱり頼るところはネット。

←SNS報告はしてませんが。

 

現在妊娠5ヶ月

先日安産祈願に行ってきました。

まだ自分が妊娠している事が実感できない日々ですが、

とにかく無事に我が子が生まれて来るのを願う日々です。

 

そして、そんな事も周りに言えずやっぱり気持ちを表すのはネット…。

そんな私の妊娠中までのストーリーでした。

著者:ちっはー

フルタイムワーカー。

31歳、犬が大好き。

B型みたいな強さが欲しいA型です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。