妊娠・出産・育児の情報サイト


予定日に陣痛が、なんて良い子なの。

つわりはキツかったけど、妊娠8ヶ月まで仕事をし経過も順調でした。

 

産んだらのんびりできなくなるという事で出産予定月に入ると早々と実家へ帰りました(笑)

夕方に母と散歩し、お風呂上がりにはスクワットと腰グルグルと軽い運動をして過ごしていました。

 

立ち合い出産予定だったので、旦那は予定日を含め3連休を取っていました。

初産だし予定日に産まれるなんてないよなー、でも旦那の休みの間に産まれてくれなきゃ困るという事で、臨月に入ってから毎日「この日に産まれてきてねー」とお腹の姫ちゃんに話しかけていました。

 

それと予定日3日前ぐらいから入浴中に乳首をモミモミ。

乳首を刺激すると子宮が収縮し陣痛につながるとの事だったので、話しかけながらモミモミ。

 

すると予定日の午前5時、お腹の痛みで目が覚めました。

気のせいかな?まさかねぇ、眠い、寝よ、と思い眠りにつこうとしても数分後また弱い痛みが。

時間をはかると10分間隔、陣痛だ、確信しました。

 

徐々に痛みが強くなり横になっても起きてても痛い、身体の置き場がない感じでした。

クリニックに3回電話し、やっと「来てください」と言われたのは午後17時、12時間家で待機していました。

 

旦那も来て、私の両親と4人で病院に向かいました。痛みで歩くのもやっと。

病院に着くとご飯が用意されてました。

助産師さんが「しばらく食べれなくなるから少しでも食べて体力つけて」と。食えるかって感じでした(笑)

 

子宮口がなかなか開かず5センチ開くのに数時間かかり、痛みで意識が朦朧とし冷汗ダラダラでした。

でもそこからが早かった。

30分おきに5センチ、7センチ、9センチ、全開。

 

日付をまたぎ分娩室に入り1時間もしないうちにポンっと産まれました。助産師さんと看護師さんからは「経産婦並の安産だね、ここまで上手くもってきたね」と労いの言葉をもらいました。

カンガルーケアで産まれたばかりの姫ちゃんを胸に抱き親子3人の時間を過ごしました。

一生懸命泣き、おっぱいを吸おうとする姿に感動したのをハッキリ覚えています。

 

旦那も立ち合え、予定日に産まれてこようとしてくれた姫ちゃんに感謝です。

私の出産したクリニックは医師が皆女医でかなりの人気クリニックです。ご飯もとても美味しくてほぼ完食してました(笑)

2人目もここで産むと思います。

著者:いちごちゃん

29歳で初出産。

念願の女の子で浮かれていました。(笑)

そんな娘ももぉすぐ2歳。

育児に家事に仕事に追われる毎日です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。