妊娠・出産・育児の情報サイト


切迫早産を経験して

私は、第一子を妊娠7ヶ月の時に出産しました。

その時は突然やってきました。夜中に感じたことのない腹痛に襲われたのです。

不安に思い救急を受診しましたが、内診の結果特に問題ないと言われ、2日後の検診日まで自宅で安静にしてるように言われ、張り止めを処方されただけでした。

 

家に帰り張り止めを飲むと痛みが少し和らぎ寝ることが出来ましたが、痛みが和らいだのは少しの間だけでした。

すぐにものすごい痛みでお腹が張り裂けそうで、目が覚め寝ることが出来ないくらい頻繁に激痛に襲われました。

 

大丈夫と言われたもののあまりの痛さと不安に襲われ、病院に電話をして朝再び受診しました。

主治医の先生に診察してもらうと、羊水が少ないうえに切迫早産と言われ即入院になり、ベッド上での絶対安静と言われました。

張り止めの点滴を24時間され、いつ産まれてもおかしくない状況のため赤ちゃんの肺を強くするために筋肉注射もされました。

高位破水をしてる可能性があり、検査の結果破水したことにより母体の感染数値が高いと言われ、早くて週末、遅くても週明けに帝王切開赤ちゃんを出してあげましょうと。沢山生まれてからのリスクの話もされました。

 

どうか痛みが収まって落ち着いてほしいと願いましたが…入院した日の夜、張りが頻繁におき、点滴を上げても痛みが和らぐことがなくなり、そのまま朝を迎えました。

主治医の先生がきて、採血の結果はやり感染の数値が高いので、今日の昼に緊急帝王切開で出産しましょうと告げられました。その時は不安で押しつぶされそうでした。

 

その後、先生が再び診察にきて内診と腹部エコーをしてると凄く深刻な顔に…。

そこへ他のドクターもきて、なにやら普通ではないと悟りました。

すると先生の口から『赤ちゃんがすぐそこまで降りてきてる、産まれそうです。このまま出産します』と。

 

そこから慌ただしくあっという間に分娩室に運ばれ周りには産科医、看護師さん、小児科医など10人以上の先生達がいました。

主治医に小児科の先生もいるから安心して下さい。と言われました。

そして分娩室に移動し、5分後に小さな小さな長男を出産しました。

帝王切開と聞いて不安だったのもつかの間、まさかの自然分娩での出産でした。

 

産声を聞くことは出来ませんでしたが、小児科の先生がすぐに治療してくれたのでかわいい我が子に対面出来ました。

人工呼吸器を付けられ点滴もされ、小さい体に沢山の機械が付いていて、NICUの中でも一際小さい我が子を見て、小さく産んでしまってごめんねと胸が締め付けられました。

 

しかしその小さな体で懸命に生きようと頑張る我が子にとても感動し、愛おしくてたまりませんでした。

その後第二子を妊娠しましたが、34週の時に再び切迫早産で入院になりました。

第一子の時の経験があるので、第二子を妊娠してからは羊水がすくなくなっていないか、常に不安と隣あわせの生活でした。

入院してからはお腹の張りも落ち着いて、36週で退院し37週で無事に第二子を出産することが出来ました。

 

十月十日、赤ちゃんがお腹の中で無事に育ち出産することがいかに奇跡なのかが思い知らされました。出産は本当に奇跡の連続です。

著者:まさひー

24週で超未熟児で産まれた長男と、切迫早産を乗り越え37週で産まれた長女。2児のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。