妊娠・出産・育児の情報サイト


安産だった二人目の出産

6月2日は健診でした。

(子宮口3cm)まだ降りてきてないとのことで、卵膜剥離。これがものすごく痛い。

泣ける。大泣き。

 

昼頃お家でのんびり娘と家の周りをお散歩などで過ごしてて、内診での卵膜剥離で「血が出るからね」と言われてたので、そのまま放置してました。

 

夕方頃、生理痛みたいだな、陣痛ではないだろうなと…。

でも陣痛になるかもと思って、とりあえず風呂とかご飯を済ませました。

 

19時 やっぱ痛いな、15分から10分で時間バラバラだから、まだ前駆だなと。

 

20時 とりあえず産院に電話。

経産婦とのことで産院に来てねって。娘とバイバイ、凄く何故か辛かった。

 

20時半 (子宮口4cm)

旦那がまだ仕事だから実母と産院へ。

まだ間隔が10分から5分だけど、全然耐えられるから様子見で「寝れたら寝てねっ」て

言われました。

 

21時 旦那が産院到着、一通り話を聞いて、まだ長引きそうだからと帰宅。

これが22時23時って続いてて、0時に近づいたらどんどん痛みも増してきて、旦那がまた産院にきてくれました。(気付いたら子宮口7〜8cm)

 

今回は2回目だから、腹式呼吸とか胡座かいてたり、ボールをお尻の穴に押さえつけて何とかしのいだ!

 

1時半 (子宮口8cm)

助産婦さんにまだ頭は上の方かなって言われて「少し歩いたりすれば降りてくるかも」と言われ、45分頃トイレに行き…そしたら急に押されちゃって、いきみたくなって陣痛室に戻ったら、破水

そのまま分娩室へ。

 

50分頃 (子宮口9.5cm)

急に破水しちゃったから分娩台で横になる。

先生達が準備していて、旦那にいきみそうな時はお尻を押してもらって‥

 

2時 (子宮口10cm)

先生の準備が整って、いきんでいいよの合図。

やった!って思い、いきむ!

思った以上に頭がデカイのか全然出てこない!(笑)髪の毛は見えるみたいだけど…。

波にノって何度かいきんだらドゥルゥン!

 

2時14分 3036g 48cm

我が家の長男が誕生しました。

 

二度目の出産なので、騒ぐことなくかなり静かなお産で、辛いとも思わなかった安産だと思いました。

とても幸せな思い出。

著者:makitty

20歳で長女出産、23歳で長男出産。

一姫二太郎を私らしく育てております。

長女も同じく安産で出産できて

私の安産体型に感謝した瞬間です。(笑)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。