妊娠・出産・育児の情報サイト


スーパー安産からの産後の悲劇

二人目出産。それはとても落ち着いたものでした。

おしるしがあってから2日後『あー今日くるな』と思い、出産したら1ヶ月お風呂入れないから夕方ゆっくりお風呂に入り、夜の陣痛に備えました。

上の子を寝かしつけ、22時頃からなんとなく痛みがきて2時くらいに痛みの弱い陣痛が8分間隔に。

 

ふと、出産どーするんだけ??と思い出産の本を読んで、いきみかたとかちょっと学習。

初めての出産のときは2分間隔まで家にいてあわてて病院にいったので、二人目だしまだまだな感じはしたけど早めに病院に連絡をいれたら、

『経産婦さんだからもう来て下さい』と。

そのとき主人は缶チューハイをプシュッ!

『パパ!呑んでる場合じゃないよ!もう病院来てだって』

というわけで、まだまだだけどなぁと思いながら、主人と寝ていた娘と病院へ…。

 

分娩室にはいり準備。でもまだまだまだな感じだなと思い主人に

『たぶんまだだから、明日仕事だし帰ってていいよ』と。

さぁ!!!一人で出産だ!でもまだまだこなさそうだったから一眠り…。

5時頃からだんだん来た!来た!来た!『ふー』『ふー』

まもなく無事に女の子誕生。

 

二時間で切開もなく出血も少なくスーパー安産でした。

産後も歩いて病室まで!入院中も痛いところもなく薬ものむこともなく退院しました。

 

でもこのあと、自宅に帰ってからちょっと動くたびに尿漏れ

産後三週間後くらいに、すぐ近くのコンビニから上の娘を抱っこして帰ると、歩くたびに尿漏れ!家につくころにはもうズボンも濡れてしまうくらいに。ショックだった。

著者:mameko

35才で第一子出産37才で第2子出産

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。