妊娠・出産・育児の情報サイト


夕食の準備が遅れると不機嫌になる夫。私だって昼間遊んでたわけじゃないんだよ!!

f:id:akasuguope04:20160502194319j:plain

子供が好きで姪っ子の面倒もよくみていた夫。
「姪っ子で慣れてるし子育ては俺の方ができるんじゃないかな!」と言っていましたし、わが子に早く会いたいと楽しみにしていたので安心していました。

でもいざ育児が始まると一変、おしっこのオムツは替えるけど、うんちが出ると「ママー出たよー」と呼ばれ、沐浴や着替えなど一切ノータッチ。

それでも朝早くから働いてくれてるし、自分自身一人でもなんとかなっていたので頑張ってました。

数時間ごとの授乳と、その他に隙間の時間をみつけての家事。
みんなやっていることだしなんとかなる!と思っても、一日ぐずってどうしようもないときは必ずあります。
そんなときは、どんなに頑張ってもどうしても夕食の準備が遅れることもありました。
「ただいま」と帰ってきた夫に「ごめんね。まだご飯できてないから少し待っててもらえる?今日はずっとご機嫌ななめだったんだよねー」


はじめはそんな時もあるよねって感じで許してくれていたのに、何回か同じことがおこったある日の一言。

 

「あのさ、帰ってきたらすぐご飯食べたいんだよね」

「・・・」

 

育児って、本当に予想もしないことが次々と起こって、一日予定していたことの半分もできない日もよくあります。

私自身はまとめて寝ることもできず、朝も昼もまともに食事ができないこともあるのに、まさかこんなことを言われるとは思っていませんでした。

自分でもどうしてこんなに上手くできないのかなと落ち込むこともあったのですが、夫からまるで昼間何してたの?と言わんばかりの発言をされてイライラ

つい「私だって昼間遊んでるわけじゃないのに何でそんなこと言うの?だったら替わりにやってみたら?絶対時間通りにできる自信があるんだよね?」

と、自分でもこんなこと言うつもりはなかったのについ口走っていたのです。
仲直りはしましたが数週間心のどこかでモヤモヤが続き、その間ささいなことでぶつかるようになってしまいました。

妊娠しているときから周りからは「母親は親になったという自覚が芽生えやすいけど、男の人はなかなか自分が父親になったという自覚が出てこないから過度に期待しちゃだめだよ」と言われていました。

確かに妊娠中から意識の違いは感じていましたし、何ヶ月もお腹の中にいて大切に育ててきたのだから母性が早くから出るのは当たり前だよなと思っていたのです。

でも、育児は子供が生まれたと同時に二人ともスタートするのだから、お互いに協力して慣れないことも助け合いながら一緒にやっていくものだし、なにより私よりも育児の大変さは間近で見てきたはずなのに。

基本的に育児はほぼノータッチ、その上家事もほぼノータッチ。

だから大変さがわからないのかな?でも何もしてないんだから文句言わないで欲しい!とイライラしてしまう日々。


このままだとマズイと思っていた矢先、ふとわが子の顔をのぞいてみました。
そしたら、まっすぐな瞳で見つめて「ニコッ」と笑ったのです!
それまでこちらから笑わせてもなかなか笑ったりしないことが多かったのに、そのときは本当に満面の笑顔を自ら見せてくれました。
その瞬間とても気持ちが和らぎ、この子はまるで私の気持ちを察した上で、「いつもありがとう。頑張りすぎなくて大丈夫だよ。」と慰めてくれているように感じたのを今でもはっきり覚えています。

その笑顔が消えないように私も笑顔でいなくては!と思い、その日の夜夫と話し合いをしました。
昼間、どんな風に育児と家事をこなしているのかを知ってもらい、家にいるときは一緒にやって欲しいという希望も全て伝えました。
夜泣きが始まったときも、子供が少し大きくなって生活習慣が少しずつ変わったときも、話し合いをするようになりました。
そのおかげかわかりませんが、少しずつ変化が起こり協力してくれるようになってきたのです。
まだこちらから言わないと動いてくれないときも多いですが、自主的に動けるときも増えてきました。

 

あのときのわが子の笑顔に本当に救われました。
世の中の頑張りすぎて一人で抱えこんでるママ達も少し時間をみつけてわが子の顔をまじまじと見つめてみて欲しいです。
きっと味方になってくれます!
そして男の人はなかなか育児は理解しにくいものです。でも、ちゃんと話してみるとわかってもらえることもありますよ。

著者:とーちゅん

年齢:29歳
子どもの年齢:1歳

1歳3カ月のやんちゃの片鱗を発揮し始めている息子の育児に奮闘中。最近は何か始めたいと様々な資格の情報収集が趣味です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。