妊娠・出産・育児の情報サイト


保育園に通っていない息子。幼稚園の未就園クラスで社会デビュー(?)体験

f:id:akasuguedi:20161024212819j:plain

現在、1歳7ヶ月の息子を自宅で育てながら、フリーランスで仕事を続けています。  

いろいろ考えた結果、産前や0歳からの保活はしなかった我が家。

覚悟していた通り、仕事が重なった時や〆切直前などはバタバタですが、家族の協力もあって息子との時間を最大限に持つことができるため、今のところこの選択でよかったのではないかと思っています。  

 

ただ、早生まれの息子が1歳を迎える頃には、同学年のお友達の中には保育園に通い始めた子もいっぱい。

みんなの話を聞いていると、「保育園で経験させてもらえることってたくさんあるんだなぁ。息子は私と二人きりの生活で大丈夫!?」と気になることも。

 

息子が0歳の間は、育児と仕事のバランスを取るので精一杯。

息子のためのお出かけといえば、近所のショッピングセンターで開催される赤ちゃん向けイベントにはよく参加していたのですが、ポコッと空いた時間にパパッと探してサクッと参加、といった具合。決まった曜日の決まった時間に行くわけではないので、特に友達ができるわけでも生活リズムが整うわけでもありません。  

 

フリーランス歴の長い自分には心地いい、気ままな毎日。

息子のためを思うと、果たしてこのままでいいのか…?  

にわかに不安を感じた私は、息子・1歳前後にして、ようやくニガテなお役所情報収集に乗り出したのでした。   

 

その結果、私の住む地域では、公立保育園で2日連続の体験入園、私立保育園で3回の行事参加ができることが判明。どちらも費用は無料です。

ちなみに公立保育園の体験入園については、0歳の時にもたまたま情報を耳にして申し込もうとしたのですが、受付開始時間から20分経っても電話がつながらないまま、私の仕事開始時間になってしまってタイムアウト……という苦い経験が。

そんなわけで今回は、数ヶ月前から手帳に日時を書き込み、スマホのリマインダーもセットして、臨戦態勢に。

公立保育園へは、昨年先生に教えていただいた通り、時間ぴったりに直接訪問。

私立保育園へは、固定電話とスマホの2台でリダイヤルボタンを押し続けて電話。

 

こうしてなんとか、体験参加の切符をゲット! 

若い頃から何度もチャレンジしてきた、入手困難な舞台やコンサートのチケット争奪戦を思い出した数分間でした~。  

 

さらにその後、近所の幼稚園の張り紙で、月に一度、未就園児の集まりがあることも知り、飛び込みで説明を受けてそのまま登録。  

今回、私が申し込んだ保育園の体験や幼稚園の活動は、一般の園児さんたちの入園や慣らし保育が落ち着いた頃から行うことになっているらしく、3月頃に情報公開→4月~5月に申し込み→5月~6月にスタート、というスケジュールでした。  

 

実際に参加してみた感想は……

公立保育園では、普段1歳児さんが遊んでいる教室で室内遊びをした後、他のお母さん&お子さんと一緒に園庭遊び。園長先生や担当の先生から、じっくりお話を聞く時間も。

私立保育園では、風船遊びや色水遊びなど、今まで家ではしたことのなかった遊びを体験。

幼稚園の未就園児クラスでは、わらべ歌や手遊びを教えてもらったり、プールでの水遊びなど季節に合ったイベントに参加させてもらったり。息子は、みんなで並んで座って、おやつやお土産をいただく時間がうれしい様子。  

保育園でも幼稚園でも、先生や園児さんたちの雰囲気が分かり、親子2人きりの日常とは違う時間を過ごすことができて、とても有意義でした。  

 

一方で、都心に負けず劣らずの保育園激戦区とは認識していたものの、親子一緒の体験申し込みの時点でこんなに苦戦するとは……。

仕事と育児を両立するための環境作りの難しさを初めて肌で感じた出来事でもありました。  

保活をしなかった私にとっては、この息子の社会デビュー活動(=社活?)が、それに近い経験になったような気がしています。

f:id:akasuguope02:20150806111901j:plain

著者:cosmic
年齢:37歳
子どもの年齢:1歳7ヶ月

フリーライター。女性誌やWEBなどで執筆。遠距離結婚生活を経て、2015年に長男を出産。“東京で仕事”と“関西で育児”、両方の暮らしを楽しむのがマイテーマ。目下、知らないことだらけのベビーワールドをキョロキョロ探検中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。