妊娠・出産・育児の情報サイト


臨月に「万が一のこと」を妄想しすぎて大掃除!翌日に陣痛がはじまり、いよいよVBAC出産へ by ゆむい

長男を逆子による帝王切開で出産した後、二人目の出産方法で悩んだVBAC。

紆余曲折を経て総合病院へ転院し、36週で「VBACをしても大丈夫」と許可を頂きました。

仰々しくVBAC出産と言っても、妊娠生活自体は特にかわりありません。

f:id:akasuguedi:20161024095556j:plain

f:id:akasuguedi:20161024095606j:plain

二人目特有の大変さが加わったくらいで、妊娠の経過は順調でした。

そして迎えた正産期37週
 
入院準備をやっと済ませ、いつでも陣痛来いやぁ!と鼻息を荒くしていた頃、
部屋を眺めてふと気付いた事が。

f:id:akasuguedi:20161024095622j:plain

f:id:akasuguedi:20161024095633j:plain

VBACゆえに、必要以上に「万が一の事態」を想定してしまい、
例えば義母が家に来て掃除をするかもしれない…
夫の職場の人が何かのついでに家に上がるかもしれない…
と、ありもしない妄想を繰り広げ、

f:id:akasuguedi:20161024095649j:plain

年末の大掃除並に家中を磨き始めました。

しかし、この時は気付かなかったのですが、床掃除や運動をする事は陣痛を誘発する行為だったらしく、

f:id:akasuguedi:20161024095704j:plain

翌日、37週4日という早いタイミングで陣痛が来ました。
偶然かもしれませんが。
 
痛みが強くなり、間隔が短くなり、おしるしが来て、
土曜日の朝で夫ぷーさんが家にいた為、車で病院まで送ってもらいました。

f:id:akasuguedi:20161024095723j:plain

f:id:akasuguedi:20161024095733j:plain

これが…陣…痛…!!!
腰が引き裂かれるような痛みでした。

他の妊婦さん同様、子宮口の広さ、陣痛の強さ、間隔をチェックして頂き、陣痛室で耐えるのみ。VBAC特有だったであろう事は、しきりに看護士さんが

f:id:akasuguedi:20161024095748j:plain

お腹を軽く押しながら「この辺、熱くない?陣痛とは違う痛みはある?」と確認してきた事です。
子宮破裂を警戒しての事でしょう。

定期的にやってくる陣痛の他に特別変わった痛みは感じられず、そのままお産は進み…

f:id:akasuguedi:20161024095814j:plain

分娩台に上がる時にはスタッフは5人以上いたでしょうか…とにかく必死だったので正確な人数は覚えていませんが、人が沢山いたなぁ、と記憶しています。

f:id:akasuguedi:20161024095827j:plain

f:id:akasuguedi:20161024095844j:plain

朝から約15時間続いた陣痛の末、次男みのが無事産まれました。
産声を聞いた時、帝王切開で産まれたときの長男を思い出しました。

f:id:akasuguedi:20161024095859j:plain

あ、本当に産まれてすぐに泣くんだ…
痛みが一瞬で消え、妙な所で関心してしまいました。
 
産まれた後もお腹の痛みは無いか聞かれ、胎盤が出てから(自覚無し)出血量の確認と裂けた会陰の縫合をし、入院部屋へ行って出産は無事、終了しました。

VBACは成功しました。
 
ちなみに

f:id:akasuguedi:20161024095917j:plain

さすが、VBACを積極的に受け入れている病院だわ…と思いました。
 
内診は、退院する直前に初めてしました。
縫っていたのでとても怖かったのですが、子宮の状態を念入りにチェック、問題ないとの事で退院したのですが、想定外のことが。

f:id:akasuguedi:20161024095935j:plain

産後の回復が早い」というメリットにも惹かれていたのですが、全然そんな事はありませんでした。
帝王切開直後の怒濤の2~3日と比べれば楽ですが、尾てい骨の痛みが激しく、帝王切開と同じくらいの期間、苦しみました。
 
どっちを選んでも出産は痛いものだと、文字通り痛感しました。
「良い経験だった」とは言えませんが(痛過ぎて)それぞれ人生で一番大切な出来事になりました。
 
以上が私のVBAC体験談です。

>>>次回のエピソード:産後の上の子の預け先が見つからない…!? 二人目里帰り出産の落とし穴

f:id:akasuguedi:20160622235921j:plain

著者:ゆむい
年齢:28歳
子どもの年齢:4歳・2歳

イラストレーター。やんちゃ盛りの兄弟の様子をほのぼの漫画で描いています。

ブログ:ゆむいhPa 〜過激♡でマヌケな兄弟育児〜

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。