妊娠・出産・育児の情報サイト


麻酔なしで、おまたを切る!? 何よりも怖かった「会陰切開」の実際と想定外だった痛み by きのかんち

一人目を妊娠した時、初めてという事もあり妊娠・出産について色々と調べました。特に出産は「痛い」というイメージが強かったので、とても不安でした。

f:id:akasuguedi:20161029050750p:plain

調べていくうちに、とある単語を初めて知りました。

そう、会陰切開

字面からして恐ろしい事しか思い浮かびません。

不安をかき消すように、調べまくる私。

 

こんな恐ろしい事あるでしょうか!

麻酔なしで!おまたを!切る…!!

その上その後、麻酔なしで縫う…!!

 

それから私は、陣痛や出産の痛みよりなによりも「会陰切開」に恐怖を募らせていきました。

調べると、会陰切開をしない産院もあるらしいのですが、私の通っていた産院では「ほぼします」と説明されました。

ネットで読む体験談には「出産の方が痛くて切られたの気づかなかった」等を良く見かけたのですが、「そんなはずない!おまた切られて気づかないわけがない!!」となかなか信じることができずにいました。

夫にどうしようもない気持ちをぶつけたりもしました…。

f:id:akasuguedi:20161029051031p:plain

毎日会陰切開を思う日々…

まるで恋のよう…(違います)

 

そしてとうとう出産当日!

f:id:akasuguedi:20161029051049p:plain

あんなに怖かった会陰切開なんて、出産の前では影を薄めたのでした。

みなさんの体験談通りだったのです!

切ったり縫ったりよりも、その後の方が辛かったかもしれません…

f:id:akasuguedi:20161029051110p:plain

 >>>次回のエピソード:分娩中に理性が飛ぶって本当でした…。夫に暴言、ウ〇チ連呼の出産体験記

 

f:id:akasuguedi:20160908014245j:plain

著者:きのかんち
年齢:34歳
子どもの年齢:長女6歳・次女3歳

今回の漫画は、次女が0歳~2歳までの悩み等をまとめた「今日も今日とてイヤイヤ期」/竹内エリカ監修(KADOKAWA)より抜粋★一筋縄じゃいかなかった赤ちゃんと翻弄される母の記録です。

ブログ、「まいほーむ!きの家の日常」を運営。育児マンガをいくつか連載しながら子育て中!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。