妊娠・出産・育児の情報サイト


「ぼくじゃないよ」ハサミでぬいぐるみをチョキーン!3歳児のバレバレの嘘

f:id:akasuguope01:20160419182439j:plain

息子は好奇心旺盛なので、目の前にあるものはすぐにやってみるタイプです。そして、よくしゃべります。
3歳になった頃からハサミを使うのが好きで、上の子と使っていました。
まだ小さい手で勢いよくチョキチョキするので、紙を持っている手を切ってしまいそうで、見ていて怖かったです。
でも、ニッコニコで楽しそうなのです。

しばらくして、うっかりハサミを出しっぱなしにしたときに、洋服の端や本を切っていたので結構強く叱りました。
本人も自分の洋服を見て我にかえり、ショックを受けたようでした。

それから「ハサミは幼稚園になってからね」と2ヶ月くらい使わせていなかったのです。
しかし、上の子は使い続けています。
最初はそれを見ているだけだったのですが、我慢できなかったらしく勝手に使い始めてしまいました。

私は「もうすぐ幼稚園だし、切っちゃいけないものの判断もできそうなので、もういいかな」と思い、注意しませんでした。

ところがある日、家にある両手が縫い付けてあるタイプのぬいぐるみの手が、ぶらーんと離れていました。

「あれ?糸切ったの?」と聞くと、「お姉ちゃんが切ったよ。ハサミで」と顔色変えずに言いました。
しかし、すかさず上の子が「違うよ」と否定します。

ぬいぐるみを傷つけずに、上手にきってあったし、しかるつもりはなかったのに。
隠そうとするとは!!
しかも嘘をつくときの表情がうますぎてびっくりしました。

「本当は?」と尋ねると、
「僕じゃないよ、でもなんか怖い気持ちがするよー」と半泣きです。
「怒らないよ。ハサミが上手に使えたねって言いたかったのに」
そういっても、「やってないよ」と顔を隠して言いました。

 

そこで、寝る前に布団の中で「怒られるのが嫌だからって、隠したり嘘を付いたら、ダメなのよ」「言い逃れの嘘をついてると、エンマサマがベロを取りに来る」と話してみました。
すると、「本当はやったよ。こわかったよー。」と言ったので、「本当のことを言えたね。ママ嬉しいよ。ありがとう」と言いました。


モヤモヤがスッキリしました。
でもそれと同時に、普段から叱りすぎなのかなーと反省もしました。

息子も気が楽になったのか、すぐにスヤスヤと寝始めました。
その姿がかわいくて、こんな小さな体で少しずつ頭に沸いてくる新しい感情を、どう対処したらいいかを必死で習得してるのだなーと考えて、胸が熱くなりました。

すると、反対側から「ちゃんと言えたんだね。良かったね。」と上の子の声。
優しく見守るその姿にも感動してしまいました。
兄弟って素敵ですね。

f:id:akasuguope01:20160419182004j:plain

著者:あこ
年齢:40
子どもの年齢:3歳 7歳

大人しい娘と やんちゃな息子 を子育て中です。 性格は真逆、顔はそっくりのふたりの間で 日々迷いながらも 楽しく過ごせるように 明るい母でありたいです。 私の経験話が 少しでも役にたったら うれしいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。