妊娠・出産・育児の情報サイト


「どっちでもいい」と言いつつも…。性別判明にガッカリな夫、その理由とは…? by 遊佐いつか

こんにちは、遊佐いつかです。

今回は無事につわりも終わった経ち続ける、妊娠中期のエピソードです。

 

f:id:akasuguedi:20161104112927j:plain

f:id:akasuguedi:20161104112940j:plain

夫は弟1人の男兄弟で、 しかもあまりもてなくて女性と関わらない人生を歩んできたので、 女の子を育てるのが想像できなかったらしいです。

でも「私の子だから、きっと男みたいな趣味になるから大丈夫!」 と言ったら安心してくれました。

それにしても、ここまで女性に免疫がないのに、この人よく結婚できたなぁ・・・と思います(笑)

 

そんなこんなで妊娠中期に職場に復帰することになりました。

自分は元気だと思っていたのでマタニティマークも付けていませんでしたが、
やはり長い時間立ち続けるのは負担がかかるようで…

f:id:akasuguedi:20161104112954j:plain

優先席に座っている人にお願いして席を譲ってもらったこともありました。

妊娠初期・中期は一見妊娠中ということも分かりづらかったりするので、やはりマタニティーマークは必要かもしれませんね。

 

さて、中期にはパパママ学級も参加しました。

ママ友ができるかな?と少しは期待したのですが…

f:id:akasuguedi:20161104113129j:plain

f:id:akasuguedi:20161012110311j:plain

遊佐いつか

東京生まれの北海道旭川育ち。現住所は東京の多摩地区。
趣味はゲームと漫画を描く事。第2回pixiv×MFコミックエッセイ新人賞受賞。

『恋愛すっとばし婚』(KADOKAWA)

この手があったか------!男性免疫ゼロのオタク同人漫画家が生活のために婚活→結婚→出産!
“恋愛がめんどくさい”あなたに贈る、実録婚活コミックエッセイ!!