ゼクシィBaby みんなの体験記


痛みのフルコース

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

一人目を計画無痛分娩で出産。とても余裕があり良い出産だったので、二人目も無痛を選択しいざ入院!

無痛分娩は背中に針を刺すのが一番恐いイベントですが、その後の楽さを思えば…と我慢し、無事にクリア。陣痛促進剤で陣痛を少しずつ強くなるよう与え、ある程度子宮口が開いたところで麻酔の登場!となるはずだったのですが…

 

経産婦なのに子宮口が3センチから開かない!

 

結局、促進剤最大量を使い、陣痛はMAX(汗)。

なのに子宮口の開きが悪いせいで麻酔は使わないままタイムアップ。次の日に持ち越しに。

 

そして次の日。点滴中、今日こそ赤ちゃんと対面するぞと赤ちゃんの心拍モニターを聞きながらウトウトしていると…

 

ドタドタ!!

 

気づくと先生や助産師さんに囲まれ、酸素マスクを装着される私。

「なっ、なにっ!?」

赤ちゃんの心拍が確認できません!」

「…!!!」

 

そのままオペ室に運ばれ緊急帝王切開になりました。

無痛用とは別の針を背中に刺すという事態もショックだし、赤ちゃんの命の不安、全く想定していなかった緊急オペにパニックになった私は、駆けつけた夫の姿を見た瞬間から涙がポロポロ。

不安で泣き、手術中の気持ち悪さで吐きながら泣き、術後は痛みで泣き…と沢山のスタッフの前で醜態を晒したのでした…。

 

痛いのが嫌で無痛分娩をしようと思ったのに、思えば、無痛分娩の背中への針刺し、普通分娩の陣痛、帝王切開の手術の痛み、と各出産方法の痛みをフルコースで経験してしまいました。

 

本当に精神的にも身体的にも死ぬほどツラかったですが、へその緒が首にきつく巻き付いていたという我が子を無事に出産することができ、とにかく良かったです。

著者:あさ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。