妊娠・出産・育児の情報サイト


不妊治療にあてるはずの貯金が、旦那の親の借金返済に?! 亡き祖父母に守られた妊娠

これは私が結婚して1年が経つ頃の話です。

旦那とはとても仲が良かったのですが、1つだけ悩みがありました。

それは旦那の親の借金です。

 

旦那はとても優しくお人好しで、そんな旦那を利用するかのように、旦那の親は旦那の名前を使ってたくさん借金をしていたのです。

最初は5,000円などと言うお金でしたが段々桁が増え、5万、50万と…。

さすがの私も、身内になったからといって払える金額じゃなくなってきました。

 

旦那は結婚する前に5年間働いたお金を全て親に預けており、それなのに入籍した時、ひとつもお金や旦那の保険の証券もくれず、印鑑もくれず、むしろくれたのはマイナスになった赤字の口座でした。

「結婚したんだから、お前たちが払え。子供もいないからそれぐらい払えるだろ」

と言われ、自分の両親までも巻き込むと脅され、もう嫌になった私は縁切り料だと思い、50万までは払いました。

 

結婚して1年ほど経つ頃、周りが授かり婚や、結婚して2ヶ月以内に子供ができており、自分は毎月生理が来るので、もうそろそろ病院に行こうと決め通院することにしました。

排卵はしているけど体温がガタガタで、生理痛も倒れるほど重く、子宮後屈であるため子宮内膜症の可能性が高いと言われ、治療をすることを決めました。

そんな中、早く子供を作れとしつこい義母。

遊ぶためにわざと作らないんだろうと言う義父。

それでいて、治療するということを伝えると、そんなバカらしいことにお金をかけるなと怒られました。

旦那に泣きながら相談すると、旦那は「いままで育ててくれた両親のことを悪く言わないでほしい」と私にお願いしてきました。

 

そして事件は起こったのです。

旦那が浮かない顔をして家に帰ってきました。

なんと、手に持っていたのは請求書。

その金額を見ると150万。

私が知らないうちに旦那の親が旦那の車を勝手にカスタムしたらしく、私はなにも知らないし車もなかったので確認の電話をしました。すると、

「ライトの調子が悪いからライトを変えてあげた。もちろんあの子の車だから、払うのはあなた達よ」

と言われました。

 

どれだけ調べてもライトだけで150万は考えられない。

まずライトの不調もなかったと旦那は言ってました。

それなのになんで150万なんか…?と言ったら急に怒鳴りだして、

「お前はいつも遊んでばっかりで、こんな大切なことにお金をかけないのか?!いますぐ払え!払わなかったらいますぐお前のところか、お前の両親のところに行く!それでも払えなかったらこっちでローンを組むからな!あいつの名前で!」

と言いました。

「こんな大切なことに使わなくてなにに使うんだ」

と言われ、私は自分で貯めたお金を不妊治療に使おうと思っていたのに、それを無駄なお金と言われ、車のライトにこんなお金を?とボロボロ泣きじゃくっていました。

旦那も、こんな親でごめん。とだけしか言わず、旦那の親の言われるままでした。

旦那は、『母を怒らせたくない。払うしかない』の一点張りで、完全に義母に洗脳されていました。

 

『一体誰が私を助けてくれるの?』と私も人生どん底で、とりあえずしばらく旦那と距離をおこうと思い実家に帰りました。

なのでその月は排卵日付近に性行為をせず、したとしても排卵1週間前の一度しかありませんでした。

 

実家に帰り、母親に、子供ができなかったことからいままでの借金、そして今回のことを伝えました。

そしたら、母親が急に

「そういえば昨日、夢を見たわ。この家にいた、お母さんの大好きだったあなたのひいばあちゃんが出てきたの。

そのひいばあちゃんが『これからはあなたのお父さん(私の亡くなったじいちゃん)がこの家を守っていくから、私は生まれ変わる準備をするね。さよなら』って言って、泣きながら止めるお母さんを振り切って、家を出て行ったの」

 

その話を聞いて、なぜか自然と涙が溢れて止まりませんでした。

中々涙を流さない私がボロボロと大泣きしました。

 

そして、私は1人で立ち直り、旦那の親に対して、

「もう、本当にこれで最後です。私の独身時代の貯金で払います。なので、旦那の名前が入っている持ち物を全て私にください」

と言ったらまた、『意味がわからない』と怒鳴り出す義母。

しかし、もう私も都合がいいものだけ義母の元にあり、都合が悪くなったら放り出されたくなかったので、

「だって、夫婦ですもん。これから2人でやっていくからほしいんです」

と言ったら渋々渡してくれました。

 

旦那に『もう両親に関わらないでほしい』と言ったら了承してくれました。

「またこれから無くなった分のお金を2人で貯めていこうか」と前向きに励ましました。

 

きっと旦那はこれからも私のことを助けてくれないんだろうな。

やさしいけど、ごめんしか言えない旦那だから、こうやって1人で立ち直る私しかいないと、神様はくっつけたのだろう。

これからは、もっと心強く生きていこう。誰か助けてくれる日はくるはず。

と、心の中で思いながら…。

 

そしたらその月に、生理が来なかったのです。

排卵日付近にしていないし元から生理不順だから、ストレスで遅れたのだろう。と思っていました。

しかしなぜか無意識に、妊娠検査薬を使っていました。

 

結果は陽性。妊娠8週でした。

そして、予定日を聞きました。

 

予定日は1月16日。

なんと、私のおじいちゃん。

お母さんのお父さんの命日だったんです。

 

お母さんの夢の内容を思い出しました。

きっと、おじいちゃんの亡くなったその日から、おじいちゃんは私の家を守り、私のひいばあちゃんは生まれ変わる下準備を始めていたのかな?と思いました。

 

私のひいばあちゃんはとても頭が良く、力と勢いも頭脳で返すような人だったらしいです。

私と旦那はそんなに頭が良くなく、力と勢いがすごい旦那の両親の言われるままにされていました。

 

生まれ変わりを信じるか信じないかは人それぞれかもしれませんが、きっとお腹の中の子供は、私を助けに来てくれたひいばあちゃんの生まれ変わりなんだと思いました。

 

妊娠がわかり、旦那も父親になる自覚を持ったのか、

「俺の両親は両親としておかしかった。普通、息子の名前で借金をしない」

と言い、旦那の親も、あの事件から関わってこなくなりました。

 

そしてたまたまなのか

いまは、妊娠5ヶ月なのですが…。

私はいままでクイズ番組を見向きもせず、答えられた問題はひとつもなかったのですが、いま、とてもひらめきがあり、実の両親がビックリするほど頭がよくなったみたいです。

早くお腹の子供に会いたいです。

著者:みーちぶ

19歳で結婚、21歳で妊娠♪ 1月16日予定日です。

好きな食べ物はラーメンだったのですが、妊娠をして、ラーメンを食べられなくなりました。妊娠をしてから和食大好き♪きっとお腹の子供は和食好きなんだろうな~♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。