妊娠・出産・育児の情報サイト


生後3ヶ月での睡眠導入剤使用に悩んだ…新生児聴覚スクリーニングテストで精密検査に

f:id:akasuguedi:20161110120015j:plain

f:id:akasuguedi:20160905222551p:plain

生まれて何日かした入院中のある日。

娘を預けてシャワーへ。

迎えに行くと、OAE検査の結果を伝えられる。

結果はリファー。要再検査。

入院中、何度も繰り返し検査してくれましたが、同じ結果しか出ず…。

 

この子は耳が聞こえないのかな?

外の音が怖くて蓋をしたのかな?

ママのストレスが原因かな?

いろんなことを考えてしまって不安でした。

寝顔を見ると涙が溢れる毎日でした。

 

退院時、大学病院の紹介状を受け取り、生後2週間で大学病院を受診。

この時は診察だけで検査はなく、鼓膜の状態を見るだけでした。

見た目は正常なんだけどね。と言われましたが、ABRという精密検査をすることになり、生後3ヶ月ごろに予約をとりました。

 

そして生後3ヶ月を2日後に控えた、検査の日がやってきました。

眠ってからの検査になるため、早起きをすること・睡眠導入剤を飲んだあとはミルクを飲んで寝るようにするため、時間配分に気をつけること…などの事前説明通りに病院へ向かいました。

 

予約時間より1時間遅れで診察。

熱の有無、体重計測、その日の体調についてを聞かれ、耳垢があるか無いかのチェックをされました。

 

睡眠導入剤とは3ヶ月の子どもにとって安全なのか。検査するべきなのか。

このときまで悩みました。

 

今後、言葉が発達していく中で、早期発見が出来ていればその子にあった治療法で話せるように対応していってあげられると聞き、ほとんどの方が受けている危険の無い検査のようだったので、受けることに決めました。

 

そして睡眠導入剤?のシロップを体重に応じた分飲みました。

(事前説明で書いてあったので哺乳瓶の乳首を持参し、そこにシロップを入れてもらいました)

味が苦手なのか泣いてしまいましたが、飲み具合を横で看護師さんが見ててくれ、飲まないと判断されると、娘の場合はスポイトを使って看護師さんがうまく飲ませてくれました。

 

そしてミルクを飲ませて寝かせます。

娘は飲んいでる途中で眠ってくれたので、そのまま検査室へ入れてもらえました。

 

検査室では、おでこ、眉間、両耳の4箇所をアルコール綿で消毒。

やすり?で角質取りをしたあと、機械を4箇所につけられていき、最後はヘッドホンを付けて脳波をはかります。

両耳とも、5種類の音を聞かされて、脳波をとってもらっていました。

 

そのあと診断結果を聞きに診察室へ。

赤ちゃんに必要な音は聞こえてるとグラフに出ているので、大丈夫でしょう。今後、言葉の遅れなどがあるようなら、また検査にきてください』

とのことで、娘の耳は聞こえていることがわかりました。

 

検査後…。

睡眠導入剤を飲んでから、ほぼ起きることなく4時間寝ました。

起きた時はおなかがすいていたので大泣きでしたが、満足するとごきげんになりました。

薬を使って眠らせることに心配し、抵抗もありましたが、数時間経過しても熱もなく、機嫌もいいので、気になることはなにも無さそうです。

 

先生いわく、新生児スクリーニング検査OAEで再検査になる子は多いんだそう。

OAEで再検査になり、ABRをしにくる子の半分は聞こえも正常な子。と教えてもらいました。

娘の耳は聞こえていることがわかりましたが、ずっと不安な毎日でした。

時間があれば、検査は危ないものではないのか、こんなに小さな体に睡眠導入剤って安全なのか、こんなに小さな体なのに検査が必要なのか…。

すごく悩んでたくさん調べたのですが、あまり体験記がなかったので、私の体験がお役に立てば幸いです。

著者:nahochun

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。