妊娠・出産・育児の情報サイト


まさか自分が…

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

赤ちゃんなんてすぐに出来るものだと思っていた私が不妊治療をしたお話しです。

もともと婦人科系はあまり調子がよくなく、生理不順、不正出血などでなんどか受診し、その度に子宮内膜症気味だと言われたり、卵巣に水が溜まってると言われたりしていましたが、その当時は仕事や友達付き合いが楽しくて、病院に通っている時間ももったいないと感じ、治療を怠っていました。

 

結婚後も、特に何も気にすることなく、子供なんてすぐできるでしょ!くらいの軽い気持ちで考えていました。

それが、いざ子作りを始めるとまったく妊娠する気配もなく、毎月生理が来るたびにがっかりし、落ち込むようになりました。

周りの友達は結婚してすぐに妊娠して幸せそうにしているのに、なんで私は妊娠出来ないんだろうと考えると涙が出ました。

 

交代勤務をしていたので基礎体温なんてほとんど測ったこともありませんでしたが、毎日基礎体温を記録し、婦人科を受診しました。

診察室に入ってすぐ、うーん、排卵してないねぇ。と。

色んな気持ちが入り乱れて泣きそうでした。

現実を受け入れるまで時間がかかりましたが、治療して赤ちゃんが欲しいと思い、まずは生理周期を整えるところからスタートしました。

増えるお薬、たくさんの検査に気持ちばかりが焦ります。

いざ排卵誘発剤を内服すると、今度は卵胞が育ちすぎてるから避妊してと言われ、いつになったら妊娠出来るんだろうと思っていました。

 

何周期か続けて排卵誘発剤を内服しました。

ある日、旦那が妊娠検査薬を試してみてと言い出したので、全然期待せず検査薬を試したら、なんと陽性!

念願の赤ちゃんが私たち夫婦のもとにもやって来てくれたと思うと、すごく嬉しくて、なんと言っていいかわからないくらいでした。

 

その後の妊娠生活はほとんどトラブルなく経過しました。

今では7ヶ月の男の子のお母さんをしています。

元気に生まれてくれた我が子は本当にかわいいです。

日々成長していく息子とともに私もお母さんとして成長して行きたいと思ってます!