妊娠・出産・育児の情報サイト


前駆陣痛から始まった出産。

私は39週と2日で3250gの男の子を出産しました。

 

出産する前日、朝からお腹が張っていましたが、

「前駆陣痛来たか~」

程度にしか思っていませんでした。

普通に家の事も出来たし、一応お風呂にも万が一に備えて入った後、夕方頃から本陣痛が始まりました。

 

動けない、喋れない、呼吸も荒く、旦那の夕飯だけ済ませて、アプリで間隔を測る余裕もなく病院に電話し病院に行き、そのまま陣痛室に入りました。

持って行って重宝した物はテニスボールとペットボトルにさすストローでした。

旦那に痛い所を摩ってもらい痛いと叫び、子宮口が7cmまで開いたので分娩室に日付が変わる頃に入りました。

元々持病のヘルニアを病院側に伝えてあったのに、当直の先生や看護婦さんに伝わっていなかったらしく腰が砕ける感覚に陥りました。

 

子宮口がなかなか開かず、帝王切開でも吸引でもいいから早く取り出してくれ!と先生に言うも、

「母子共に元気だから自然分娩で行くよ~」

と言われ、先生に殺意が湧いたくらいです。笑

陣痛の痛みよりも腰が砕ける痛みの方が強く、ずっと「腰が砕ける~」って叫び続けていました。

痛みを和らげる注射も1本じゃ足りず、催促して2本打ってもらい、点滴も痛みのはけ口がなく自分で抜いてしまい、出産するまでに点滴を3本入れられました。

 

分娩台に座っていられずのたうちまわって、痺れを切らして助産師の資格を持っている

看護婦さんに「10分で産ませてあげる」と言われその言葉を信じて腰が痛いながらも

頑張って力んだら5分も経たずに産まれました。笑

病院に着いてから出産するまで16時間半、前駆陣痛から合わせたら28時間のお産でした。

 

腰が痛くて上手く力めなかったみたいです。

お股の処置をしてもらうために違う先生が来ましたが、お股は裂けていなかったそうです。

出産する時に自然に裂けるか切るかするのかと思っていたのでビックリしました。

 

なので処置も早く済みましたが、産後ハイになっていたので旦那が来て喋ろうとしたら

声が全く出なくなっていました。

16時間叫び続けたので喉が潰れたみたいです。

 

持病がある方は恥ずかしがらずに、きちんと先生に話しておいた方が

いいと思いました。

次の出産は無痛分娩を希望しています。

これから出産される方は安産で生まれて欲しいと願っております。

著者:AY3XOXO

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。