妊娠・出産・育児の情報サイト


PCOSだった私

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

不妊治療というと高齢出産の方の話題が多く、なかなか20代の人には縁のない話だと思います。

私は21歳の頃から生理不順のため病院に行くようになり、PCOSであることを早くから知りました。

当時は結婚していなかったため、低用量ピルを飲んで生理をこさせていましたが、23歳で結婚して子どもが欲しいと思いピルをやめました。でも、妊娠することができませんでした。

 

1年でできなければ不妊治療をしようと思い、結局1年があっという間に過ぎてしまいました。そして病院にかかるようになりました。

初めは薬を服用。

三ヶ月が過ぎた頃、突然の腹痛で病院に緊急入院しました。

なんとか手術は間逃れましたが、先生にしばらく薬を休むよう言われてしまい、案の定その時もまたPCOSの傾向がみられました。

 

しばらく薬を飲まないで過ごしていた中、今までにない胸の痛み、熱っぽさ、オリモノの変化に気づいた私は病院に行き先生に診てもらうことに。

すると妊娠4週と言われました。

今もお腹の中ですくすく育ってくれています。

 

PCOSは芸能人の釈由美子さんもなっていたと公表したこともあり、少しずつ知られてきている不妊原因ですが、若いと周りの人も「若いからまだ大丈夫でしょ」と言われてしまい、私の場合はなかなか周りの人から共感してもらえず悩みました。

 

きっとPCOSで悩んでる方もたくさんいると思います。

不妊治療は費用もかかり、いつ授かれるかわからない長い戦いのようなものです。

私は入院をきっかけに薬をやめて妊娠することができました。

私の話を聞いて少しでも希望を持っていただけたら嬉しいです。

著者:笑子

25歳で今妊娠3ヶ月です。

21歳の頃からPCOSに悩んできました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。