妊娠・出産・育児の情報サイト


世の中まだまだ捨てたもんじゃないな

第一子を妊娠し、現在8ヶ月です。後期に入りました。

非常勤で働いており、通勤はバスです。自宅は学生もお年寄りも多いエリアなので、通勤では立ったままのこともあります。

仕事は立ち仕事が多く、時間に追われたりバタバタしていることが多いです。連日残業が続いていたため、その日の帰り道は疲れきっていました。

 

いつものように帰りのバスに乗っていると、発車した際に足元がふらついてしまいました。

立つスペースはあるものの、座席は満員。

すぐ近くに座っていた若い女の子が私のバッグに付いているマタニティマークに気付いたようで「ここ座ります?」と声をかけてくれました。

今まで席を譲ってもらったことがなく、迷っていると、彼女はサッと席を譲ってくれました。

初めてのことだったのでとっても嬉しかったです。

 

お礼を言うと、彼女はちょっと照れ臭そうにはにかんでいたのを覚えています。

職場での妊娠に対する理解がなかったり、残業ばかりで疲れていたのもあってかバスを降りてから涙が溢れました。

私が住む地域は車社会で、まだまだマタニティマークの認知度が低く、夫ですら私が自治体から貰ってきたのを見て知ったくらいです。

妊婦への配慮がもう少しあってもいいのにと思うことはたびたびありましたが、今回の出来事でほっこり嬉しくなりました。

著者:いちごちゃん

仕事をしながら初めての妊娠で不安がたくさんですが、第一子の誕生を心待ちにしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。