妊娠・出産・育児の情報サイト


私より夫が涙!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

出産しても夫の前では女でいたい!と思っていた私。

立ち会い出産の経験を周りの人に聞くと、

“感動した!ぜひパパになる人はすべき!ママの大変さを目の当たりにしたら、妻も子どもも大切にしようって思った”

という意見が多数な中、

“妻を女として見られなくなった。出産独特の匂いや妻のがんばる顔がどうしても‥。”

というマイナスな意見も少数でしたが、ネットでもちらほら‥。

 

私は不安になり、そのまま素直に夫に相談。

立ち会いたい気持ちがほとんどだったが、私に出産の痛みから八つ当たりされるのもこわかった夫(笑)は悩みに悩んで…。

立ち会い出産に対して、嫌なことを私にも周りにも、例えネタっぽく話すこともしないと約束して立ち会い出産することにしました。

 

陣痛が来て、子宮口もすでに結構開いていたのでそのまま入院になったと連絡を夫にして、私は陣痛の痛みに必死に耐えていました。

その頃夫は、職場の先輩のアドバイスの元、深呼吸してシャワーもして落ち着いて、出産という長丁場に備えてから病院へ。

思いの外、私の出産がすんなり進んでいたので、助産師さんも「パパ間に合わないんじゃ?」と慌てるほど!

 

なんとか夫は間に合い、病院のルールでマスクをして立ち会い。

いきむ練習や分娩台の準備などでちょくちょく部屋の外に出されたり、初産の割にはスピーディーだったりしたため、夫は1時間も立ち会えませんでしたが、生まれる瞬間に立ち会えたことで夫は号泣!

私も泣くかなと思っていましたが、夫の号泣っぷりに涙は出ず(笑)

 

心配していた“嫌なこと”なんて一切言えないほど「頑張ったね!頑張ったね!」と大感動&大号泣な夫を見ると、

立ち会い出産にしてよかったなぁー”

と心から思いました!

頑張った顔も気にしていられないほど出産は壮絶でしたが夫は褒めてくれたし、独特の匂いもマスクで全然分からなかったそうです。

 

夫は私に怒られないように、お医者さんの言ったことをそのまま私に伝えていたので、伝書鳩のようでおかしかったというのもいい思い出です!

ぜひこれから立ち会い出産にしようか悩んでおられる方、事前にお約束することをオススメします!