妊娠・出産・育児の情報サイト


普段キッチンに立たない夫の愛情たっぷり料理

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊娠初期からつわりがひどく、家事ができなくなった私。

常時襲ってくる吐き気と嘔吐、目眩で思うように動けず、もどかしさや不安から、身体的にも精神的にも参ってしまった時期がありました。

 

夫は仕事が忙しく、普段料理をすることがありません。不満にも思っていませんでしたが、毎日買ってきたお弁当やレトルトでは味も濃いし栄養バランスも気になってしまって…。

色んなことが限界に達し、ついにそんな不安やモヤモヤを夫へぶつけてしまいました。

 

すると、夫が「じゃあ、今日は俺が作るよ」と言ってくれたのです。

てっきり、夫はキッチンに立つことに抵抗があるのだろうと思っていたので、この言葉には驚きました。

大根が消化に良いと知り、豚肉と大根のしょうが煮。

つわりでほとんど食べられていなかったのですが、本当に不思議なことに、これは美味しくいただくことができました。

つわりが終わるということはありませんでしたが、それから数日は落ち着いて過ごすことができたのです。

 

「あなたの愛情がたっぷりだったからだね」と冗談めかして感謝を伝えました。

きっとお腹の赤ちゃんにも夫の優しさが伝わっていると思います。

著者:room

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。