妊娠・出産・育児の情報サイト


アラフォー妊娠

旦那とは20年以上の付き合いですが、いろいろあり、結婚したのが38歳の時でした。

 

それから子供もすごく欲しかったのですが、もともと結婚前も30歳過ぎた頃から避妊をしていなくて、赤ちゃんが出来ることはなく、40歳を迎えたときには、夫婦生活も月に一度くらいあればいいくらいで、旦那も協力的なタイプではないため、もう諦めていました。

 

そんなある日風邪を引いてしまい、しばらく吐き気とだるさが治らず、何かの病気だと思いそっちの方ばかりに気を取られていて、生理が2週間遅れていることに気づきませんでした。

 

そんな時旦那が、「あのさぁ、、それって妊娠じゃないの?」と言われ、ハッとしました。

 

あんまりにも夫婦生活がなかったため、思い出すのに2人で苦労しましたが、笑

一回だけあったことを思い出しました。

 

初めは予想外の妊娠と40歳の高齢妊娠だということで、嬉しい反面不安だらけでした。

 

トイレにいっても出血していないか?とか毎回下着を見たり、お腹の張りが怖くてドキドキしたり、ネットを見て余計不安になったりしていました。

 

そんな事をよく言っていた時に、旦那に『大丈夫だよ!出来たんだから生むんだよ!!』って叱られてから考え直しました。

 

せっかく授かったのに、嬉しいという事を通り過ぎて、不安な取り越し苦労ばかりしていた自分に気づきました。

 

もっと赤ちゃんが出来たことに感謝をして、何かあったらその時その時に対処していけばいいんだ。と思いました。

 

赤ちゃんごめんね。って。

 

いまはもう5ヶ月で、まだまだいろんな体調不良はありますが、妊娠できた事に感謝しています。

 

頑張って生むぞーー!!

著者:たーち

40歳で妊娠。まだまだつわりや体調不良と日々戦闘中。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。