妊娠・出産・育児の情報サイト


分娩時間37時間のお産

分娩時間37時間というお産から早2ヶ月。

私の陣痛が始まってから立会い出産をするまでをお話ししたいと思います。

 

立会い出産は私がしてほしくて決めました。

主人も興味本位程度だと思いますが、立会いしたいと言っていたので。

 

予定日をすぎた2日目の夜中、ふとお腹の痛みに気づき目が覚めました。

先週から続く前駆陣痛とは何かが違う…という女の勘?で、間隔を測ること3時間!

気づくと6分、5分、6分…ほぼ一定になったのを確認して、まず主人を起こす前に病院に持っていく荷物の確認をしました。

それからトイレに行くと、おしるしがあったので即病院へ電話をして向かいました。

 

陣痛が始まってから4時間後に入院し、モニターをつけると5分間隔の陣痛

しかし子宮口は0cm。

初産だしまだまだ時間がかかりそうとのことで、主人は一度帰宅しました。

私の産院は旦那とお互いの両親のみ、15時~20時まで面会OKという厳しめでした…。

 

朝ごはん、お昼ごはんを食べ、面会時間。主人と実母が来てくれました。

夕飯を食べる頃にはイテテ…と箸が止まるほどの間隔のある痛み。

今日かな?と実母も主人と話しているも、子宮口は1cm。あっという間に面会終了時間になってしまい、私は心細さから号泣してしまいました。

でも頑固な子宮口はガチガチ。

実母と主人は帰っていき、私は夜中中うめき声を発し耐えました。

何度もトイレとベッドの往復。

横になっているのも辛く、なぜか廊下の長椅子に座ってみたり(笑)

何度もナースコールを押しました。

 

ほぼ眠れないまま翌朝。陣痛が始まってからすでに30時間。

耐えられない私は時間外だけど主人を呼びたいと看護師に伝え、主人が来てくれました。

主人を見たときの安心感。今でも思い出すと泣きそうになります(笑)

 

しかし内診で破水、子宮口3cm… 促進剤の注射を3本打ち、点滴も2本。

陣痛が始まってから33時間後、分娩室へ。

やっと産めるのね!と、思いきや、いきみ逃しが本当に辛い… 私は勝手に便が出てきてしまう感覚…。

抑えようにも抑えられず、主人にグっとお尻を押してもらいました。

それをひたすら3時間。

お腹の痛みといきみ逃し、どうすることもできずにパニック。

軽く過呼吸になりながら、主人と一緒に呼吸を整えました。

 

わたしが、ウッと呼吸を止めるたびに赤ちゃんの心音が聞こえなくなり、しっかり酸素を送らなきゃ!!だけど、どうしてもいきんでしまう。声もでてしまう。

そんな時に横にいる主人が、『赤ちゃんも頑張ってるよ』そのひと言が本当に救いでした。

 

そして、子宮口が全開になり、後は全力でいきみます。

私の産院はソフロロジー式だったので、よくあるドラマのシーンのようではなく、静かに呼吸をしながらいきみます。

とっても落ち着けました。ソフロロジー式オススメします!!

私の頭側に主人がいてくれました。赤ちゃんが足の間から出てくるのも一緒に体験しました。

赤ちゃんが私の胸にきたとき、主人に、『ありがとう』と言われ私も『ありがとう』と言いました。

というか、自然にその言葉が出てきました。

立会い出産をしてくれた主人には本当に感謝しかないです。

赤ちゃんと会えた喜び、幸せを主人と一緒に感じることができたこと、陣痛が始まってからの苦しみや辛さも一緒に経験できたこと、わたしは1人で産むんじゃないんだ。と思えました。とっても心強かったです。

もし、仕事で主人が立会いできなかったら…と考えると、私は途中で諦めてしまっていたんじゃないか。と、ゾッとします。

それから、私は陣痛中で余裕がない時に、旦那の両親が産院に来たらどうしよう…こんな姿見られたくない…と、思っていました。

それも主人が気にしてくれて、生まれた後に来るように言ってくれたみたいで、普段はない小さな心遣いも100点満点でした!!!

もし、また出産することになったら絶対に立会い出産します。主人もそう言ってくれています。

一緒に大変な思いをして産んだ我が子は主人と私の宝物です。育児も積極的にしてくれます。立会い出産は素晴らしいです。

著者:ヒロ

関東住み20代

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。