妊娠・出産・育児の情報サイト


おっぱいを拒否されプチ鬱状態に…。でも母乳だけがすべてじゃない。ミルクでもちゃーんと子は育つのだ!

f:id:akasuguope04:20160502201638j:plain

初めての出産には不安が伴うものですが、妊娠中は我が子に会える楽しみで早く産まれてこないかな?と願ったものです。

妊娠中、子供に出来ることはできるだけしようと、葉酸・鉄分サプリを摂取したり、食事にも気を使い、出来るだけいっぱい寝て無理をしないように努めました。

産まれてきてからの事は未知の世界だった為、特に母乳に関してもそこまで関心がなく、おっぱいマッサージをしておけば良かったと後悔したのは、出産して泣くほどつらい思いをした時です。

 

もともと6カ月から保育園に預ける予定だったので、ミルクと母乳の混合で育てるつもりでした。その為、母乳が出ればあげればいいし、出なければミルクで育てようと思っていたのです。

いざ、出産して2日目、すごく胸が張ってきて助産師さんに「おっぱい出てきたね~」「結構出るね~」と言われ、すごく嬉しくなり、「早く子供に飲ませてあげたい!」「母乳だけで行けるかも?」と思ったのです。

ですが、母乳は出ていても、乳首の形や大きさが子供にとって飲みにくいらしく、ほとんど吸ってくれず、それどころか、胸を顔に近づけるとギャン泣きする我が子。

助産師さんも「最初は難しいもの、徐々に吸ってくれるようになるし、吸ってくれればもっと母乳も出るよ」と言ってくれましたが、母乳は嫌がるのに、ミルクは美味しそうにゴクゴク飲む姿を見て、「なんで吸ってくれないの?」と思うようになります。

出産前はミルクでもいいと思っていたのに、いざ出産するとやはりおっぱいを恋しがってほしくなり、栄養満点の母乳をあげたいと思うようになってしまったのです。

 

この気持ちが自分を苦しめます。

退院してもうまく飲んでくれず、泣くばかり。乳首サポートをつけてもうまく飲めない。ただただ泣くばかりの我が子にだんだんイライラしていく自分がいました。

「ミルクは飲むのになんで?ミルクより母乳の方が美味しくて、好きなんじゃないの?」

そんなことばかり考えてしまって、おっぱいを拒否されると母親としても拒否されてる気分になっていました。

完母を推奨する風潮にも苦しめられたと思います。今考えるとプチ鬱状態になっていました。この気持ちを旦那に話した時、旦那は「ミルク飲むならミルクでいいじゃん?俺もミルクならあげれるし、どうせ保育園に預ければミルクだし。」と私を励ましてくれる言葉をかけてくれましたが、プチ鬱状態の私にはあまり響かず、この悲しい気持ちは男の人には分からないだろう、更に自分を追い込めていました。

でも辛くてもこの気持ちを吐き出せるのは旦那しかおらず、電話するたび、話すたびに泣いていました。

 

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、子供はミルクを残すことなく毎回飲みほし、満足そうに笑顔を見せてくれるようになり、どんどん成長していくのです。

子供って自然におっぱいを欲しがるものだと思っていましたが、そうでない子もいるという他のママさんの体験談等も目にするようになって、おっぱいもミルクも拒否して成長を不安視するママさんもいることを知り、我が子はミルクをゴクゴク飲んでくれるので、それだけでいいじゃない!と徐々に思えるようになりました。

 

実際2カ月頃には吸ってくれなかったためにおっぱいの出も悪くなっていて胸も張ることがなくなっていました。それもあり、すっぱりおっぱいをやめてミルクで育てようと決意してからはものすごく気が楽になり、美味しそうにミルクを飲んでいる姿を愛おしいと思えるようになりました。

 

出産するまで母乳にはこだわっていなかった私が、出産したことで母乳に固執するなんて思っていなかったのに、出産した女性の気持ちの移ろいは激しいものなのです。その時はいっぱいいっぱいで、悲しい気持ちやイライラする気持ちを抑えることが出来なくなるんです。

 

似たような体験をされている方に言いたいです。

ミルクでも子供は育ちます。母乳育児が出来なくたって、空いた時間でいっぱい遊んであげればいいし、もっといっぱい抱きしめてあげればいい。母乳育児じゃなくても我が子を愛する気持ちは変わらないし、母親失格でもありません。

我が子の母親は世界に一人しかいないのです。

著者:Y&Y
年齢:33歳
子どもの年齢:0歳

周りより少し遅めの結婚・出産でしたが、30代だからこそできる育児を目指して奮闘中。生後6カ月から保育園に預けて仕事をしているワーキングマザーです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。