妊娠・出産・育児の情報サイト


待望の妊娠。それまでの卵巣嚢腫摘出、うまくいかない妊活。でも赤ちゃんが決めていたの?

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

結婚から3年。夫婦共々子ども好き。

なのに、なかなか赤ちゃんを授かることができずにいた。

卵巣嚢腫摘出をしたり、病院にも通ってみたが、赤ちゃんを授かることができずにいた。

 

夫婦ゲンカも増え、2人の距離が離れたことも。

それでも一緒に、2人の赤ちゃんを授かりたい。

一度、環境を変えてみようということに。

3月末で退職して不妊治療を本格的にはじめようとしていたところ、妊娠発覚。

排卵検査薬も使わず、病院にも通っておらず、普通に過ごしていた中での妊娠だった。

でも、生理が遅れた時に、「あ、妊娠したかも。」って思った。

5日遅れた日の朝、妊娠検査薬ではっきりと陽性反応。

「わーやっぱり妊娠してる!やっときたー!赤ちゃん、仕事辞めるの待ってたんだー!」

と主人と大喜び。おうちをウロウロ。

赤ちゃんが決めて、来てくれたと改めて思います。

 

臨月に入り もうすぐ出産を迎えます。

主人は胎動を感じることが本当に嬉しそう。

早く会いたくてそわそわしています。

赤ちゃんを待っていた時間も、夫婦にとっては必要な時間だったと思います。

著者:ローザ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。