妊娠・出産・育児の情報サイト


腰痛陣痛

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

初めての出産のため里帰りしました。産休に入りすぐに帰省。

仕事していたせいもありあまり準備をしておらず、里帰りしてから入院準備、赤ちゃん用品をそろえ始めました。

臨月に入り、いつ陣痛がおきてもおかしくなくなると、陣痛について調べました。

安産にする方法、陣痛を乗り切る方法、陣痛中に役立つ道具など。

 

予定日8日前に朝起きたらおしるしあり。

そこから生理痛のような痛み、腰痛が出始めました。

なんだろう?と思いつつ母からは陣痛じゃないかとのこと。

次第に腰の痛みが強くなり、夜は寝られませんでした。

 

次の日もまた痛みあり、時間をはかると30分間隔に。

次第に痛みが強まり夜7時に10分間隔。

産院へ行き、入院してから子宮口が順調に開き始め、深夜12時に分娩台へ。

いきみ方法を調べて頭に入れておいたはずなのに、頭が真っ白になり産むことに必死すぎてできませんでした。

助産師さんが言うことを実践する感じになりました。

呼吸ができなくなり酸素吸入器をつけられてしまいましたが、分娩台にあがってから1時間で生まれました。

私の陣痛はおなかではなく、腰にきました。時間は30時間。

 

産後は感動するかと思いきや、陣痛の疲れ、寝てないこともあり、早く寝たい気持ちが優ってました。

分娩台で2時間休み、その後病室へ戻りましたが全く眠れませんでした。

看護師さん曰く、出産後は脳が興奮しているから眠れなくなるそう。

 

夫はちょうどお盆休みで私の実家に遊びにきていたところで、立ち会うことができました。

陣痛中に暑いからあおいでもらい、水を飲ませてもらいました。

 

陣痛中役立ったこと

1 ペットボトルにストローを付ける

2 旦那さんにうちわであおいでもらう

3 手を握ってもらう

4 腰をさすってもらう

 

やっと出産が終わったと思ったら今度は傷跡が痛くなりました。

出産した日は歩くのがやっと。トイレに行くのも面倒でした。

椅子に座ると痛いので、円座クッションが必須です。

私は出産後1週間は痛かったです。悪露は3週間くらいまでありました。

著者:ゆうちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。