妊娠・出産・育児の情報サイト


バウンサーはうちの子の指定席。たった一度、ママのうっかりが招いた特大バウンス!

f:id:akasuguedi:20161123212236j:plain

子どもが生まれるちょっと前まであまり欲しいと思っていなかったのに、友達がブログで使っているところをアップしていて、無性にほしくなったグッズの1つにバウンサーがあります。

最初、私は、

「確かにシンプルでおしゃれだけど、楽しいしかけがついたおもちゃがあるわけじゃないし、本当にここにおとなしく座ってくれるか不安……」

と思い、購入するのをためらっていました。

 

でも、前での友人の子(グズりがひどい)が、喜んで乗っている写真を見たことと、生後1カ月を過ぎる頃から寝かさせるとグズグズいうようになってきたので、購入することにしました。

 

購入して本当にびっくり!

乗せると視界が視界が広がるせいか、はたまた自分の重みで程よく椅子がビヨンビヨンと揺れるのが面白いか、想像以上にご機嫌に座っていてくれるのです。

時にはここに乗せたまま寝てしまうことも多かったので、添い寝授乳のせいでこわばった首コリも、おかげでかなり改善されました。

 

かなり長い間、うちの子の指定席として大活躍していたバウンサー。

それが壊れてしまうほどバウンスした日が1日だけありました。 

 

それは忘れもしない、子どもが生後6カ月になった時。

普段は保育園で離乳食を食べてくるので、家で食べるのは土日のみでした。

久しぶりの家での離乳食にバウンサーに座りながらワクワクして待つ子ども。

そんな子どもを見ながら焦って離乳食を作っていました。

 

やっとできあがったしらすぼしと青菜のおかゆを急いで器によそい、子どものもとへ。

子どもがとても欲しがっていることもあり、私は、ふーふーするのを忘れてすぐにスプーンで子どもに食べさせてしまったのです!

子どもも待望の離乳食が来たので、少し食い気味にパクついんたんですが、その直後に椅子のフレームが今までにないほどしなって、上下に大きく、でもゆっくりとビヨーーンビヨーーンとバウンスしたんです。壊れたのかと思うほどでした。

 

私は最初「いったいどうした!?」と思ったんですが、次の瞬間「あっ!冷ますのを忘れた!!」と気づきました。

子どもは子どもで、今までに(といってもこの世に誕生してまだ6カ月ですが…)体験したことのないほど熱いドロッとしたものが口の中に入ってきたので、相当驚いて身をよじろうと思ったものの、ガードがあるため横には動けず、上下バウンスして「熱い!」ことをアピールしたんだと思います。本当にかわいそうなことをしました……。

 

あんなことがあったにもかかわらず、バウンサーはその後も子どものお気に入り指定席として、1歳8カ月頃まで大活躍してくれました。

私もそれ以来反省し、どんなに急いでいても焦っていても離乳食や飲み物の温度は確認するようになりました。

f:id:akasuguope02:20150603013707j:plain

著者:バタざえもん
年齢:41歳
子どもの年齢:1歳と3歳

バター、マヨネーズなど高カロリーな調味料を三度の飯とともに食らう年齢不詳の腐女子。齢35歳にして自分が全く知らない「妊活」という世界を垣間見ることに。妊活を卒業し、出産をしてゆっくり休もうと思った矢先「子育て」という事業をやらねばならないことに初めて気づき、猪突猛進ちう!バターをたくさん浮かべたラーメンをたらふく食べるのが今のゆめ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。