妊娠・出産・育児の情報サイト


産んでも縫っても終わらない痛み! 膣壁裂傷で産後3ヶ月も、激痛の治療に通うはめに

f:id:akasuguedi:20161129113139j:plain

産後がこんなに大変だって、知りませんでした。

私の場合、まず膀胱炎にかかり、次に胆石の手術をし、一番長引いたのが今回のテーマ「膣と会陰の傷」でした。

 

会陰切開はせずに息子を無事に出産し、ほっとしたのも束の間。出血が止まらず、助産師さんがあわあわしています。

説明を聞くと、どうやら膣の中から、肛門の付近まで、ビリビリビリっと裂けてしまったようなのです。

出産のときは、必死でしたから、会陰が裂けて痛いなど感じる暇もありませんでした。

 

膣壁裂傷と、会陰裂傷が起きてしまったのは、予想以上に早くお産が進んだからだそうです。

助産師さんが処置しようとしますが、複雑に裂けたので、縫い合わせが難しいということと、出血が止まらないので、急きょ助産師さんからドクターにチェンジすることになりました。

 

私の周りはバタバタしていますが、私は生まれたての息子を胸に抱え、カンガルーケアをしながら、ひとり出産の喜びに浸っていて、感動の涙がとまりません。

 

立ち合い出産でしたので、ふと主人の方を見てみると、イケメンに見えました。

「私の主人はこんなにイケメンだったっけ?」と、涙目で見つめていると、自己紹介されました。

残念!イケメンはドクターでした。

まぁ、そうですよね。出産したからと言って、主人の顔が変わるわけないのは冷静に考えればわかることですが、その時は出産後で、なんだか魔法にかけられたような気分だったのです。

 

イケメンドクターに会陰の傷をチェックされ、すぐに手術をすることになりました。生まれたての息子は主人にお願いし、出産のままの格好でオペ室まで運ばれました。

手術着に着替え、全身麻酔をされ、気づいたときには手術が終わっていました。

 

個室へ戻ると、主人と息子がいました。ナースに教えてもらいながら、温かいシャワーを使っておしっこをしましたが、こんなに痛いとは…。トイレが恐怖でした。

 

その後2時間くらい睡眠をとって、すぐに退院。

会陰に傷があるので、便をやわらかくするお薬も処方されました。

オランダでは、産後ドーナツクッションなど使わず、平らな椅子に座ったほうが早く治るとアドバイスされたので、痛いながらも我慢して座りました。

立ち上がるのもやっとですし、歩くのも、階段の上り下りも大変でした。

 

膣には、いつも「縫われた」違和感がありました。

でも、その状態に徐々に慣れてきて、一週間ほどで普通にトイレに行けるようになりました。

自分の傷だけでもヒーヒー言ってる状態。今までなら、ベッドでゆっくり休めたはずなのに、目の前には息子がいます。

傷が痛いからと言って、休んでいられなかったのがつらかったです。

 

お世話が少しでも楽にできるように、自分たちの寝室にベビーベッドを運びました。

オムツを替えたり、着替えさせたりするベビールームは、寝室から歩いてすぐですし、バスルームも近くです。

搾乳、授乳、自分たちの食事など、産後はできるだけベッドの上で過ごし、少しでも時間があれば寝るようにしました。

おむつ替えなど主人ができることは、やってもらいました。

 

そして、産後一か月が過ぎた頃、主人と久しぶりに仲良しを試みたのですが、痛くて挿入できません。

病院でみてもらうと、なんと、膣壁裂傷を縫い合わせた部分にしこり(肉芽)ができていたのです!

「こんな風になる人はあまりいないんだけど、痛いはずね」

とドクターに言われました。

開脚椅子に座り、麻酔なしでドクターがしこりを少しずつ取り除いていきますが、これが痛いこと痛いこと!

出産に耐え、産後のトイレの激痛に耐え、膀胱炎に耐え、胆石の痛みにも耐え、ここでまた痛みに耐えることになるなんて。

 

一気に取り除くのは激痛で無理ということで、病院に3か月にわたって、3回通いました。

頑張ったかいがあって、3回目の後はきれいに取り除けたようで、産後4か月にして仲良しもできるようになりました。

 

妊娠・出産って女性にとって、本当に一大事なんだと痛感。

正直、ここまで体にガタが来るとは思いもしませんでした。

私の場合は里帰り出産ではなく、オランダで出産しましたし、日本から母も手伝いに来てくれませんでしたから、夫婦だけで(たまに義理の母にもヘルプしてもらいながら)どうにかやっていくしかありませんでした。

そんな中で自分の体に鞭を打って、家事に育児にと奮闘していたから、産後、数々の不調が出てしまったのかもしれません。

日本には「床上げ」がありますが、とても理にかなっている慣習だと思います。

 

産後、様々な不調に見舞われた私がたどり着いた結論。それは、「ママは体が資本!」ということ。

産後はリラックスした環境で、できればいろいろな人の助けを借りて、「ママの体を休めることが大切」だと実感しました。

かわいい我が子の成長を見守るためにも、元気なママでいようと、日々心がけています。

f:id:akasuguope02:20151225125614j:plain

著者:すーじー
年齢:34歳
子どもの年齢:1歳1ヶ月

オランダ人と国際結婚し、オランダに暮らして5年目突入。歴史ある街並み、豊かな自然、気さくな人々に囲まれ、オランダ生活に慣れてきた今日この頃だが、妊娠・出産・子育てを通して新たなカルチャーギャップに遭遇中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。